大阪ニュース

AED訓練機器提供先を募集 JR西あんしん社会財団

2018年8月10日

 JR西日本あんしん社会財団は、救命講習や救命技術習得などに取り組む団体やグループを対象に、自動体外式除細動器(AED)の訓練機器を提供する助成事業を行っている。2019年度の助成対象先を募集している。応募期限は10月末日。

 安全で安心できる社会の実現に向けた事業の一環。応募要件は、近畿2府4県に拠点があり、同エリアで救命講習などを積極的に実施し、救命処置の普及事業に取り組んでいる団体やグループなど。救命に関する指導資格者が在籍していることが必要。

 活動は19年4月1日から3年間に実施する。訓練用のAED、人形、付属品などを1セットとし、提供総数は16セット。応募は複数セットも可。10月8、9日には個別相談会も大阪市内で開く。

 応募は同財団のホームページから申請する。問い合わせは電話06(6375)3202。