大阪ニュース

都心の駅上 花畑が出現 JR大阪駅「時空の広場」

2018年9月22日

 大阪市北区の大阪ステーションシティ(JR大阪駅)5階「時空(とき)の広場」で28日から「フラワーアートミュージアム2018」が開催される。約2万ポットもの花々を使用して、都心の駅上を色とりどりの花畑で装飾する。10月15日まで。入場無料。

多彩な花畑が並んだ「時空の広場」(昨年の様子)
昨年のオープニングセレモニーであいさつする安藤さん

 JR西日本、大阪ターミナルビル主催、大阪府・市、鳥取県、山口県など後援。世界で活躍する建築家・安藤忠雄氏の発案で2012年から始まり、今年で7回目を迎える。

 会場には、秋を象徴するコスモスやマリーゴールドをはじめ、ガーベラ、キンギョソウ、ニチニチソウなど人気の高い花を使った花畑が色よく連なる。昨年好評だった「ハロウィン花壇」、高低差をつけたデザインの「立体花壇」が登場。このほかロックガーデンを再現した「珍しい花の花壇」では、キイジョウロウホトトギスなど貴重な山野草の展示を予定している。

 会期中は会場で多彩なイベントを予定。初日と最終日の主なイベントは次の通り。

 28日=「花のプレゼント」。花2ポットを先着100人に贈呈。当日午前10時から整理券を配布(定員に達し次第終了)▽安藤氏サイン入り著書『仕事をつくる〜私の履歴書』を抽選で50人に贈呈。当日午前10時から抽選会を行う(当選人数に達し次第終了)。

 10月15日=「花のプレゼント」。会期中に大阪ステーションシティ内の店舗で買い物した税込み千円以上のレシート(合算可、地金・各種金券・ギフト券購入のレシートなどは対象外)を会場で提示した来場者に花2ポットを贈呈。時間は(1)午後2時(2)同3時半(3)同5時(4)同6時半(各回先着300人)。

 このほか10月8日のステージイベントでは「鳥取県観光PRイベント」((1)正午(2)午後3時)があり、シーズン本番を迎えるカニや温泉をはじめ、美しい星空といった県の魅力を発信する。

 花の展示時間は午前8時〜午後11時半(最終日は同8時)。