大阪ニュース

ボールペン画 温かい コジマユイさん個展

2018年9月23日

 大阪出身のイラストレーター、コジマユイさん(26)が個展「時間と気配」を大阪市北区の中之島図書館で開いている。府内の近代建築を中心とした温かみのあるボールペン画31点を展示し、「見る人一人一人の思い出」にそっと語りかけている。29日まで。

ボールペン画の作品をアピールするコジマさん=22日、大阪市北区の中之島図書館

 コジマさんは2013年から“絵描き”として活動を本格スタート。人が生活する建物を独自のフィルターを通して描く線画を中心に、アクリル作品やCDジャケットの制作など多彩な活動を展開している。

 同展では「中之島図書館」や「船場ビルディング」(大阪市中央区)、「中央電気倶楽部」(同市北区)などレトロで人気な大阪の建物を描いた作品がずらり。あえて人を描かず、色を付けない「建物のみ」の作風が心地よく、見る人の想像力をかきたてる。

 22日にはコジマさんのイラストを使ったシルクスクリーンの体験ワークショップを開催。即興で希望者の持ち物に絵を描く関連イベントも開かれ、楽器や鏡に丁寧に色を塗り重ねる姿を来館者らが見学した。

 コジマさんは「いつか無くなる建物をできる限り私の絵で残したいと思っている。感じ方は見る人それぞれで、好きなように楽しんでいただければうれしい」と話していた。