大阪ニュース

「天神祭 守り伝える」 大阪天満宮感謝の集い

2018年10月11日

 大阪天満宮(大阪市北区)の名誉宮司・宮司就任に伴う「感謝の集い」が10日、同市北区の帝国ホテル大阪で開かれた。4月1日付で就任した寺井種治(たねはる)宮司(55)は「日本三大祭りの一つと称される天神祭を守り伝える」と抱負を語った。

集いの出席者を前にあいさつする寺井種治宮司=10日、大阪市北区の帝国ホテル大阪

 集いには、氏子総代や地元商店街関係者など410人が出席。大阪府神社庁長の藤江正謹氏は「新宮司は父親の背中を見て学んだ。後継者を育てることは重要」と宮司の世代交代を祝福した。

 寺井宮司の父、寺井種伯(たねのり)名誉宮司(85)は「皆さんの温情に支えられて今日がある」と話した。

 寺井宮司は明治神宮禰宜(ねぎ)、大阪天満宮権宮司を経て大阪天満宮の第58代宮司に就任した。