大阪ニュース

大阪市中央公会堂100周年でイベント 特別消印など

2018年11月9日

 開館100周年を迎える大阪市中央公会堂で17、18の両日、特別消印「小型記念日付印」での郵便物の投函(とうかん)や、ポストカード作りなどのワークショップを行うイベントが開催される。

16日から販売されるオリジナル記念切手シート(大阪市中央公会堂提供)

 市と同公会堂指定管理者のサントリーパブリシティサービスグループが、日本郵便の協力で「We−Love−Kitte×大阪市中央公会堂100th」と銘打って実施する。

 特別消印で郵便物を投函したい人は、切手を添付して持参する。62円以上の切手を貼っていれば、ノートやメモ帳などにも押印できる。

 館内でオリジナル商品などを販売している「公会堂SHOP」と市内の各郵便局では、開館100年を迎える前日の16日から、記念オリジナルフレーム切手などの販売も行う。詳細は同館ホームページで。


サイト内検索