大阪ニュース

ひったくり対策にかごカバー 大阪信愛学院短大

2018年11月9日

 大阪府警本部府民安全対策課や防犯に取り組む関係団体は、城東区古市2丁目の大阪信愛学院短期大城東キャンパスで、学生たちにひったくりなどの犯罪被害防止を呼び掛けた。

自転車のかごにひったくり防止カバーを取り付ける学生

 同課によると、今年に入り9月末までに府内で340件のひったくり事案が発生し、その内70件以上は20代が被害者だという。

 信愛短大の文化祭「楓祭」が開かれた3日、城東、鶴見両署や大阪府自転車商防犯協力会(中山行男会長)などが呼び掛けに参加した。

 若い世代の人たちに自転車かごに取り付ける「ひったくり防止カバー」のデザインを、府警本部が信愛短大に依頼。桜やネコをデザインした子ども教育学科2年の下川知紘さん(20)に、中山会長が感謝状を手渡した。下川さんは「カバーを使うことで、ひったくりが少しでも減ったらうれしい」と話した。

 会場で来場者にカバーが配られ、駐輪場でさっそく取り付ける学生がいた。


サイト内検索