大阪ニュース

笑顔で「福笹どうぞ」 阪急沿線の福娘、十日戎PR

2019年1月9日

 阪急電鉄の沿線にあるえびす神社の福娘が一堂に集い、大阪市北区の阪急梅田駅で8日、「十日戎(えびす)」をアピールした。駅ビルのコンコースにずらりと並んだ福娘たちは、福鈴を振って商売繁盛と招福を祈り、利用客らに福笹(ふくざさ)を授与した。十日戎は9日の宵戎で幕開けする。

笑顔で福笹を手渡す福娘(右)たち=8日、大阪市北区の阪急梅田駅

 阪急沿線の“えべっさん”を紹介する取り組みで、阪急電鉄が1999年から開催。複数の神社の福娘が集まる年に1度のイベントとして、恒例となっている。今年は沿線の10の神社から8神社の福娘16人が参加した。

 福娘たちは、各神社の特色や最寄り駅から神社への行き方、境内でのイベントなどをPR。「遠くの人から近くの人まで、阪急で十日戎にお越しください」と、計2千本の福笹を乗客らに手渡した。

 十日戎は9日の宵戎から始まり、11日の残り福まで各神社でさまざまな催しが予定されている。


サイト内検索