大阪ニュース

商売繁盛 ササもってこい 「十日戎」宵戎で開幕

2019年1月10日

 商売繁盛を願う「十日戎(とおかえびす)」が9日、初日の宵戎で幕を開けた。大阪市浪速区の今宮戎神社の境内では、「商売繁盛 ササもってこい」のお囃子(はやし)が鳴り響く中、笑顔の福娘たちが縁起物を飾り付けた福笹(ふくざさ)を授け、参拝者は今年1年の招福を願った。

参拝者の福笹に縁起物を飾り付ける福娘(右)=9日、大阪市浪速区の今宮戎神社

 “えべっさん”の呼び名で親しまれる同神社。今回の福娘には2815人もの応募があり、書類審査や面接を通過した留学生を含む50人が本番を迎えた。

 そろいの着物に千早を着用し、金色の烏帽子(えぼし)姿の福娘たちは、手際良く小判や俵などの縁起物を笹に結びつけた。

 辺りが暗くなる中、同市中央区にあるライブハウスドロップの橋本大輔店長(40)は、職場仲間ら5人と一緒に参拝。「十日戎を毎年楽しみにしている。御利益に授かって商売繁盛になるといいですね」と笑顔だった。


サイト内検索