大阪ニュース

えべっさんへ景気よく 「宝恵かご行列」練り歩く

2019年1月11日

 商売繁盛を祈願する「十日戎(えびす)」本えびすの10日、大阪・ミナミの道頓堀から今宮戎神社(大阪市浪速区)に参拝する「宝恵(ほえ)かご行列」がにぎやかに繰り広げられた。芸妓(げいこ)や芸能人、福娘など約520人が参加。軽快な「宝恵かーご、宝恵かーご」の掛け声の中、紅白のもち花などで装飾したかご約20台が繁華街を練り歩いた。

にぎやかにミナミの繁華街を練り歩く宝恵かご行列=10日、大阪市中央区

 江戸期に南地花街の芸妓衆が、かごに乗って参拝したことが起源とされる伝統行事。

 出発式は道頓堀川遊歩道で行われ、大阪松竹座「寿新春大歌舞伎」に出演中の中村鴈治郎さん、落語家の桂文枝さん、今年4代目桂小文枝を襲名する桂きん枝さん、OSK日本歌劇団トップスターの桐生麻耶さん、松竹新喜劇の藤山扇治郎さんらが参集した。

 このうちNHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の藤山さんは、祖父の故藤山寛美さんがかつて宝恵かごに乗っていたことに触れ、「孫の私もかごに乗せていただき本当にありがたい」とあいさつした。

 一行は神職からおはらいを受けた後、かごに分乗し、沿道に詰め掛けた大勢のファンの声援に笑顔で応えていた。


サイト内検索