美身伝心

健美脚への道 自分の脚の形を知ろう

2016年12月23日
自分の脚の形をしっかりと把握することが大切

 スラリと伸びた脚のラインは日頃の立ち姿や歩き方で作ることができます。みなさんはご自分の脚の形を把握していますか? 脚の形によって、起きやすいトラブルや鍛えたい筋肉などが変わってきます。健美脚作りには、自分の特徴を知ることが大切です。まずはセルフチェックでご自身の脚の形をしっかり把握しましょう。

 【奇麗な脚】

 まっすぐに立った時に、内腿(もも)・膝・ふくらはぎ・かかとの4点がついている状態。膝のお皿が、まっすぐに向いているのが理想です。

 【O脚】

 内腿・膝・ふくらはぎが離れている状態の脚です。内腿の筋肉が弱く、内股やすり足ぎみで歩く人が多いです。靴の外側がすり減る方はO脚の可能性が高いです。腰を反らせてアヒル歩きになり、お尻が大きく見えやすいです。親指の付け根でしっかりと地面を踏むことを意識して内側重心を心がけてください。

 【X脚】

 内腿・膝はついて、かかとが離れやすいです。内腿の筋肉が強くお尻の筋肉が弱く、ぺたんこ座りが得意であぐら座りが苦手な人が多いです。靴の内側が減ったり、ブーツがくの字に折れてしまいやすい人はX脚の可能性が高いです。座る時にしっかり骨盤を立てて膝とくるぶしをそろえるようにしてください。

 【XO脚】

 内腿・膝・かかとがついて、膝だけが離れている脚です。最近はこのタイプの脚の形が多いように思います。X脚とO脚の合わさったタイプ。脚が部位によって、内に向いたり外に向いたりとゆがんで関節が痛くなりやすいです。O脚が嫌で膝のすり合わせをしようとして、こうなってしまう方もいます。脚のすり合わせをする際には膝のお皿を正面に向けて移動させるようにしたいです。

 みなさんの脚の形はどの形でしたか? 脚の形は生活習慣で改善されることが多いです。まずは自分の脚の特徴を知って、生活習慣を見直してみてください。歩き方の改善も健美脚への一つの手段です。次回は歩く前に靴選び。足の特徴と合う靴についてお話しします。(大阪校代表・優子)