美身伝心

目指せ、フォトジェニック!(6)

2017年5月12日
足をそろえて立つことが大切

 前回からパーツに分けて慣れていくことにしましたね。今回のパーツは足です。写真に写る時、一番気にするのはどこでしょうか。多くの方が顔と答えるのではないでしょうか。自分の顔がきちんと写っているか(人や物陰に隠れていないか)、半目になっていないか…。とても大事なことですよね。顔から離れている足は見落としがちになるものです。

 【美しい足】

 足をそろえて立つことを意識してみて下さい。無意識に立っている時、どちらか片方の足に体重をかけていませんか? 体には癖があります。癖は無意識の時に出るものです。まずは自分の体の癖を把握してください。

 片方の足に体重が乗りやすいのも、仁王立ちになるのも癖です。そして、足を開いて立つと太って見えたり、だらしなく見えたりします。足をそろえて立つだけで細見え効果があります。その時、くるぶし同士をくっつけて立ってください。内側重心が意識しやすくなります。また、片方の足に体重をかけていると足のラインも崩れてきます。体重は両足に均等に載せて生活するように心がけてください。

 足はむくみやすいパーツです。むくんでいると、足の輪郭がぼんやりしてしまいますし太くなります。正しい姿勢と歩行によって足首をしっかり使って生活しているとむくみにくくなります。

 特別な運動は必要ありません。デスクの下で足首を曲げたり伸ばしたり、湯船に漬かって足首をグルグル回して下さい。日々の積み重ねが大切ですので続けてくださいね。

 サンダルで写真に写る季節になってきましたので膝やかかとのお手入れも忘れずに!

 (岡山校代表・若月蘭)