美身伝心

東洋医学の智慧(夏編)

2017年6月9日
夏対策には食材を取り入れるのもポイント

 さて前回の春の次は夏になります。

 夏は自然界にあるエネルギー(陽気)が最も盛んな時期ですが、人間も同じで、体内のエネルギーが旺盛になって外に向かいます。

 昔の人たちは汗をかいたり、体を動かすことで熱を発散してきたのですが、現代人は冷房の効いた室内で過ごしがちで、熱が発散できず不調を感じることが多いです。自分に合った運動で適度に汗をかき、気血のめぐりをよくすることで夏のカラダを整えましょう。そして、汗をかくことで失われる血を食べ物で補いましょう。

 薬膳では汗は血から作られると考えられ、大量に汗をかいたときには血を補う食べ物をいただきます。そして夏の暑さ対策で体の熱を冷ます食材を取り入れるのもポイントです。

 薬膳では夏は五行の火に属し、同じ火に属する赤の食材や苦味のあるものを食べるとよいと言われています。赤といえば、トマト、スイカ、赤ピーマン(パプリカ)、苦味の代表のゴーヤー、そして、カラダの余分な熱を出しながら、血を補う食べ物たちで夏対策に備えましょう。

 【清熱類】キュウリ、ズッキーニ、トマト、トウガン、なす、レタス、セロリ、夏野菜、豆腐、ゆば、カニ、緑茶、バナナやマンゴーなど南国のフルーツ

 【養血類】ニンジン、ブドウ、ホウレンソウ、イカ、牛肉、レバー

(三宮校 松原立恵)