美身伝心

夏のトラブル対策・熱中症編

2017年9月1日
水分補給にはナトリウムを適度に含んだものがおすすめ

 夏が終わっても、引き続き気を付けてほしいのが熱中症です。年を追うごとに暑く、また風が冷める場所も少ない都市部などでは特に対策が必要です。予防法は今のところ、部屋を冷やす、飲み物を飲むなどしか方法がありません。

 そもそも熱中症とは、熱失神・熱疲労・熱けいれん・熱射病の総称です。どの症状も夏の暑さに身体の適応が追い付かずに起こり、主に汗などで体の水分がなくなる脱水から問題が起こります。

 人は常に熱を作り出し、時に放熱して体温を一定に保っています。しかし運動や高い気温のせいで熱が高まりすぎると、放熱を急ぐあまり血液が体中にいきわたるため、十分な血液が脳に送られず酸欠状態になり、立ちくらみやめまい、時に意識を失うことがあります。これが熱失神と呼ばれる症状です。

 さらに汗をかくことで体温を下げようとする際、水分を補給しなければ脱水症状になります。脱水症状が続くと全身の倦怠(けんたい)感や悪心、嘔吐(おうと)頭痛などの症状が現れます。これを熱疲労といいます。

 また、汗とともに体のナトリウムのバランスが崩れると、手足がつるなどの筋肉のけいれんが起こります。これが熱けいれんです。そしてさらに熱がこもり続けると、最後には体温調節が追い付かなくなり、脳に影響がおよび倒れたり意識の障害をきたしたりします。これが熱射病であり、とても危険な状態です。

 このように、熱中症は身体の熱が放熱する最中に起こる不具合が主な原因です。対策としては室温の管理、そして失われた水分とナトリウムの補給が効果的です。

 水分補給にはナトリウムを適度に含んだもの、お茶であれば麦茶がおすすめです。緑茶やコーヒーなどカフェインが入っているものは、利尿作用で体から水分を排出させてしまうため水分補給には向いていません。飲むならカフェインレスのものを飲みましょう。

 お茶のほかにおすすめなのがおみそ汁です。夏の食卓では省いてしまいがちですが、塩分が程よく入っているので意識せずともナトリウムを補給できます。

 また、夏場であればスイカもおすすめです。スイカは水分を多く含み、ビタミンも豊富です。熱中症予防と意識せず、おいしく食べられるのもよいですね。

 熱中症は汗をかく暑い間は常に起こる可能性があります。命にかかわる場合もありますので、きちんと涼を取り、水分補給を心がけてください。

 (大阪校・広山ちひろ)