美身伝心

秋にするべきこと(1)

2017年9月8日
秋は肌の老化リスクが最も高い季節

 9月に入ってぐっと秋めいてきましたね。皆さんそれぞれ夏を楽しまれたのではないでしょうか。楽しかった夏の思い出は残したいものですが、夏の疲れは残さないように今のうちに対策を打たなければいけません。

 夏の間に肌はダメージを受けています。降り注ぐ紫外線、エアコンによる乾燥…。汗をかくため冬に比べると乾燥していることが分かりにくいので、ついスキンケアを怠りがちになります。

 夏のしわ寄せが押し寄せてくる秋は、しわやシミなどの肌の老化リスクが最も高い季節です。このままさらに乾燥する冬を迎えないように対策が必要です。

 秋になった途端、空気は乾燥し始めます。夏のダメージでバリアー機能が低下した肌に乾燥は禁物です。とにかくスキンケアが大切です。化粧水はいつもより多めに使いましょう。美容液やクリームなどは、夏の間はべたべたするから使わないという人もいるとか。そういう場合でも涼しくなりはじめたら復活させてくださいね。

 私のおススメは朝、フェースパックをすることです。忙しいので無理!という声が聞こえてきそうですが、パックをしている間は両手が空くので他の作業ができます。意外と効率がいいですよ。

 朝にしっかりスキンケアすることにより、メークが崩れにくくなります。涼しくなってもUVカットは怠ってはいけません。美の追求に特別なことは必要ではありません。続けることが大切です。

 週に一度のスペシャルケアよりも毎日の地道な積み重ねが重要なのです。

 (岡山校・三宮校代表 若月蘭)