大森均の釣れ釣れ草

水温と魚の体温

2016年11月4日
これから最盛期に入るまでの水温に注意したい
グレの限界水温は12度と言われる

 動物を大きく分類すると恒温動物と変温動物に分けられるのはご承知の通りである。魚は変温動物だということも知られているが、魚の体温は水温より若干高めか、ほとんど同じといわれている。

 一般的に水温が低下すると動きは鈍くなり、水深のある磯際(いそぎわ)や、海溝などの流れの緩い場所で動かない。もう少し詳しく言うと、魚は静かにしているときは水温とほぼ同じ体温であるが、筋肉を動かして泳いでいるので、当然、熱は発生している。水の温度により相殺され、わずかにその水域の水温よりも高めに保持される。人間も適合した気温があるように、魚にも魚種に合った水温がある。

 特に回遊する魚は自分に合う水温を目指して移動する。この条件に産卵や就餌などの要素が加味される。マグロやカジキのような大型高速遊泳魚では、その運動に伴い、血合筋から大量の熱が発生し、その熱が体外に放出されにくい特異な血管の構造になっている、と聞く。

 魚に限らず、一般的に動物は体温が高めだと代謝や筋の収縮など、活発な生命活動を営むのに有利といわれている。魚には外部の温度変化に合わせて体温を調整する機能が無い。そのために冷たい海で暮らす魚は水温が上がれば水温の低い方へと移動するという理屈になる。

 ▽グレは12度が限界

 例えば、それが釣りの実際ではどうなるかと言うと、シーズンも近づいた寒グレなら、こうなる。

 これから日に日に水温が下がる。「昨日まで、よく釣れていたのに今日はさっぱり」なんてことはこれからの時季によくあるが、これは温度が下がることに順応のスピードがついていかないからと考えられる。低水温だから釣れないのか、というと一概にそうとも言えないから、話はややこしい。

 グレの場合、前日16度の水温が14度になったらもう致命的だが、それが4、5日続けばまた食いだすから不思議だ。これは下がった水温に体が順応してきたことと、食わなければ生きていけない生き物の本能であろう。グレが釣れる水温は、12度が限界と言われる。総じて釣りの対象魚になる魚は、急激に水温が下がると見事に口を使わない。その反対に低水温が続いて、突如暖かい潮が流れ込んで2度でも上がろうものなら、活性は一気に上がる。これは大釣りの可能性が大だ。これから水温が徐々に下がる時期は、釣行予定海域の水温の変化を知っておくことは大切。その情報で、ある程度その日の釣果は見当がつく。

 水温のみならず広範囲の情報をとって、釣行計画を立てることも魚釣りの腕前のうち。長年の経験から老婆心で申し上げると、急激に下がった直後は、釣行断念が一番。この時期「家で寝とったほうがよかったなぁ」と、帰りの道中で肩を落としてうなずき合った経験の量は半端ではない。しかし、これが釣り師には一番難しい。

週末のイチオシ気配

■船■若狭本郷・福井

 例年のデータから11月中旬までに湾内でキスの爆釣必至。昨年も4人連れが462尾(竿頭は139尾)。水温が下がると深場に移動し、毎年群れるポイントが決まっている。そろそろチャンス到来!▽林渡船=電話0770(77)0591

■磯(1)■紀伊長島・三重

 イガミがホンダワラのエサで堅調。耳穴などで30〜40センチ5〜15尾くらいは期待できそう。グレはまだ型小さく30センチまでを5〜10尾程度。▽石倉渡船=電話05974(7)0712

■磯(2)■尾鷲・三重

 グレ上昇気配。先週全般の釣況は、連日20〜27センチ20尾、27〜35センチ5尾前後はいい人の釣果。これから型も上向く。他にホンダワラのエサでイガミ30〜45センチが5〜10尾。▽宮城野渡船電話=05972(2)1347

■筏■堂ノ浦・徳島

 チヌの型は小さいが、兼業(のませのヒラメ、カレイのチョイ投げ)が高確率で成功するのが堂ノ浦の魅力。チヌ25〜35センチ5〜15尾、ヒラメ35〜45センチ1〜3尾狙える。▽斎藤渡船=電話088(688)0453

■投げ■妻鹿・姫路

 7番で投げ釣りでカレイ25〜30センチ1〜5尾。投点は30〜70メートルの間。キス16〜24センチが3〜10尾交じる。これからの時期はアイナメの良型も増えてくる。▽日の出渡船=電話0792(46)3030

■波止■武庫川一文字・兵庫

 タチウオ好調。3〜6番で半夜のタチウオ80〜100センチ5〜15尾(ウキ釣り・ルアー・引き釣り)。タナは4〜5ヒロ。他にメタルジグでサゴシ好調(50〜55センチ5〜10尾)。▽武庫川渡船=電話06(6430)6519

■バス■琵琶湖・滋賀

 連日50センチ超が出ている。この時期は近江大橋周辺、プリンスホテル沖、帰帆島沖が狙い目。ビッククランク、ネコリグ、バイブレーションとワームなどにヒット。▽小林貸船釣具=電話077(522)6347

 (大阪日日APG 清水智之)