大森均の釣れ釣れ草

「魚」の漢字と由来

2016年11月18日
グーグーと鳴くグチ

 魚の名前の由来は、漢字にヒントがあるものが多い。例えば、鰹(カツオ)。鰹は、昔は生では食べなかったという。保存食としての素干しの魚を堅魚、煮て干した魚を煮堅と書いた。その発音から、堅魚(かたうお)が変化してカツオに定着したと考えられる。後に俗字として鰹と書いて魚偏のなかでもよく知られる漢字の一つとなった。ちなみに鎌倉時代にはカツオの語音が勝魚に通じているところから、出陣や凱旋(がいせん)、元服の祝宴に供え、武家では縁起魚とされていたと古書にある。

 また、鰯(イワシ)は大型魚の餌食になるなど海中でも食物連鎖の下位にある弱い存在である。水揚げされてもすぐ死んでしまい腐りやすいことから魚偏に「弱」を充てた。

 魚体の構造や特徴から明らかにそう呼ばれるようになったと推測されるものの代表としてグチがある。関東ではイシモチ、関西ではグチと呼ばれ広く浸透している。頭部に石のように固い耳石があるから石持、釣り上げて放置しておくと浮袋を使ってグーグーと鳴くことからグチと呼ばれたことは想像に難くない。

 タチウオには二つの説がある。一つは立ち泳ぎをするから、もう一つは太刀のように見えるからという説だ。水族館で見るタチウオは、タツノオトシゴのように垂直に立って泳いでいる。しかし、魚屋の店先で見るタチウオは、まるで剣のように銀色に光り輝いて太刀のような姿をしている。その周辺を補強する諸説はあるが、独断で勝手な結論を許されるなら後者の太刀のように見えるから、に間違いがないと思っている。その名がついた昔々、泳いでいる姿を見た人より調理前の姿を見た人の方が圧倒的多いと想像される。欧米でもサーベルフィッシュとも呼ばれていることもそのあたりに根拠がありそうだ。

 ▽「魚」偏は679字

 これがきっかけで、魚偏について調べてみようと大漢和辞典で魚の部をチェックしたら、驚くなかれ「魚」もいれて679字もある。

 そこでふと、魚を2匹並べた字はないかと探してみると、これがありました。上下に魚を並べて書き「ギョ」と読み、魚が連なって泳ぐ様子を表し、大きい魚と言う意味がある、とのこと。横に魚を並べた字もあったが同じ意味だ。車が三つの「轟」のように下に魚が二つ、三角の頂点に魚が一つ乗った魚の3文字構成はないだろうかと再度調べると、またまたありました。「セン」と読み、鮮と同じで新鮮な魚と言う意味。

 いくらなんでも、下に二つ上に二つと魚の4文字、それは絶対ないだろうと調べてみると…これがまたありました! 「ギョウ」と読み魚が飛び跳ねる盛んな様を表す文字とのこと。ここまでくるとついでに「五つは絶対に意味は大漁だ!」と探しましたが、さすがにこれはなかった。もしあれば、釣り人の感覚なら「魚」「連なる」「ナブラ」「群れ」「大群」「大漁」となるに違いない。

 また、魚偏のつく漢字は、メード・イン・ジャパン(国字)がたくさんあり、中国とは同じ漢字でも魚の種類も異なる場合がある。たとえば、魚ではないが、日本で生まれた魚偏と容易に想像のつくものに「鮨(すし)」がある。「鮨」は古代中国にはないであろうから日本製と考えて間違いはないだろう。

週末のイチオシ気配

■船■西津・福井

 まだ本調子でないが小浜沖の半夜のマイカ釣りがおもしろい。マイカ胴長20〜35センチ20〜30パイ期待できる。ウキスッテ3号胴突7本針、ハリス10号、オモリ60号。▽松福丸=電話0770(52)6298

■磯(1)■大引・和歌山

 フカセ釣りグレが楽しめる。14日、ヒジキ島でグレ30〜35センチ15尾程。同島で他の釣り人が同魚47センチ。水温21.5度。他にカゴ釣りでイサギ30〜35センチ5〜15尾。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■磯(2)■熊野・三重

 グレ上昇気配。スズコ、銚子、吉八、マブリカなどでグレ30〜40センチ2〜5尾。そろそろ良型の一発がありそう。40センチオーバーを高確率でゲットできる。▽まるせい丸=電話0597(89)3011

■筏■本浦・三重

 チヌ堅調で終盤まで釣果の振幅が比較的少なそう。連日、チヌの大型まじりで4〜8尾程度の平均釣果。エサは、アケミ丸貝、イガイ、サナギ。▽やま栄渡船=電話0599(32)6009

■波止■北港・大阪

 チヌ・ハネ良型堅調。エビ撒き釣りでチヌ40センチ超が2〜3尾とハネ50センチ超3〜4尾程度がいい人の釣果。ハマチ(50センチ超)を呑ませ釣りで1〜2尾。▽ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

■波止■水軒一文字・和歌山

 ガシラが短竿の探り釣りで19〜23センチを10〜20尾程度見込める。また、25〜30センチのアイナメが0〜3尾まじる。エサはシラサエビ。チヌは、オキアミのフカセ釣り、紀州釣りで40〜50センチの良型が1〜4尾。▽水軒波止渡船組合=電話073(445)6064

■管理釣り場■芥川・大阪

 エサ釣り、フライならニジマス20〜45センチが30〜40尾見込める。ルアーは少し釣果が落ちるようであるが、スプーン2グラムを使い反射食いを誘うと成績があがる。▽芥川漁協=電話0726(88)0224

 (大阪日日APG 川崎禎昭)