大森均の釣れ釣れ草

藤原選手、最年少優勝記録を更新

2016年11月25日

シマノ・ジャパンカップ全国磯釣り選手権

(左から)準優勝の小谷選手、優勝の藤原選手、第3位の染谷選手
決勝戦で豪快に竿を絞る藤原選手

 2016シマノ・ジャパンカップ磯(いそ)釣り選手権全国大会が、11月19、20日、長崎県五島市福江島で開催された。今大会出場選手は、昨年度本大会上位のシード3選手と、全国で行われた地区予選大会およびセミファイナル大会から勝ち上がった17選手、そしてインストラクター選抜戦からの勝ち上がり4選手の総勢24人の名手たちが2日間にわたって熱い戦いを繰り広げた。

 ▽予選リーグは小谷選手健闘

 ジャパンカップ全国大会がグレシーズンの開幕と言われる下五島一帯の磯では、まだこの時期は、25〜35センチまでのサイズがボリュームゾーンだ。筆者が事前に地元の釣友から入手した情報では「今年はグレが多い。多分、ジャパンカップも釣果に恵まれる」と符合した予想。

 予選リーグは5試合。唯一の5戦全勝、勝ち点15ポイントで決勝の舞台に立ったのが、小谷さとし選手だった。中でも、第4試合で田中修司選手、第5試合では友松信彦選手と強豪に連覇し、安定して勝ち点を重ねた。2位以下は藤原誠太選手、染谷正昭選手、友松選手、上田泰大選手、嶋田誠也選手の5選手が4勝1敗でポイントが並んだが、第3試合で昨年覇者の上田選手を破り、最後の第5試合で暫定4連勝の嶋田選手に僅差で競り勝ち、最大の重量差を獲得した藤原選手が2位となり決勝進出が決まった。

 ▽23歳にして腕は確か

 決勝の舞台は、久賀島の金剛崎の沖に位置する通瀬(とおりぜ)で行われた。優先権のある小谷選手が右の釣り座を選び、磯の先端となる左に藤原選手が入った。

 開始のホーンとほぼ同時にサオの絞り合いとなったが、両者ともにコッパグレに手こずる展開になった。これを先に打破したのは藤原選手で、予選からハマったというムキ身エサが威力を発揮し、良型のクチブトグレを立て続けに掛け先行した。一方、小谷選手はコッパの猛攻をかわせないまま前半戦はタイムアップ。後半戦に突入して釣り座を替えても小谷選手はコッパに悩まされたが、終了5分前に会心の手応えで良型を手にした。しかし、前半に着々とキーパーサイズをそろえた藤原選手に並ぶことはなかった。

 釣果は、藤原選手4379グラムに対して小谷選手は1905グラム。結局、最後までリードを許さなかった藤原選手の頭上に2016ジャパンカップの栄冠が輝いた。

 これまでの最年少優勝記録は友松選手の24歳。藤原選手は弱冠23歳と、記録を更新した。過去この大会で5度の栄冠を手にした江頭弘則名人に伺うと「基本動作もしっかりしていて、釣りの腕は確かです」と、若手の台頭に祝意を表していた。

 (写真および情報提供はシマノ)

週末のイチオシ気配

■船(1)■泉佐野・大阪

 タチウオが再び上昇気配。絶好の潮まわりに突入し、大阪湾全域で好釣果出た。23日、同魚75〜110センチ27尾。2番竿19尾。メーターオーバーも期待できる。タチウオテンヤ40号。要予約。▽海新丸=電話0724(69)2332

■船(2)■明石・兵庫

 二見沖でまだマダコ狙える。23日、マダコ0.5〜3.0キロ20パイ。別船でタチウオ70〜120センチ41尾が竿頭。ジギング船の竿頭はハマチ45〜50センチ3尾とサワラ56〜74センチ4尾。要予約。▽名田屋乗合船=電話078(912)7211

■磯(1)■熊野・三重

 イガミ堅調。ホンダワラをエサに30〜35センチが5〜15尾見込める。現在22.5度の水温が20度きると、グレ本格化しそう。スズコ、銚子、マブリカなど実績場が有望。▽まるせい丸=電話0597(89)3011

■磯(2)■尾鷲・三重

 12月1日から賀利磯の禁漁区が解禁になる。毎年、解禁から40センチ台後半が釣れていたので期待できる。「例年解禁日から良い釣果(ガシラ、イガミ、グレの大型)ですので期待しています」と船頭。▽宮城野渡船=電話05972(2)1347

■筏■的矢湾・三重

 この時期になるとチヌの釣果にムラがあり、地域的にも差が拡大してくる。鳥羽周辺のなかでも的矢湾が比較的好調。22日、深江浦カセで22〜50センチ35尾とマダイ43センチ1尾。▽永田渡船=電話0599(57)2754

■投げ■妻鹿・姫路

 7番ケーソン側の投げ釣りでカレイ25〜30センチ1〜5尾。投点は30メートル前後。他にガシラ15〜20センチ5〜10尾、キス16〜24センチが3〜10尾まじる。▽日の出渡船=電話0792(46)3030

■波止■南港・大阪

 オキアミのフカセ釣りでチヌ堅調。今の時期は比較的良型がそろう。チヌ35〜45センチ2〜5尾。他にアジ18〜21センチがサビキ釣りで30〜50尾。▽丸高渡船=電話06(6613)1075

 (大阪日日APG 錦 剛司)