大森均の釣れ釣れ草

釣り師の変節

2017年7月10日

アジのタタキ、太巻きが絶品

20リットルのクーラーにほぼ満タンの中村さんの釣果

 わが釣友に「狂」のつく釣り師は数多いが、高槻市に住む中村隆夫さんは、確実にその先頭集団を走っている。中村さんは一年中、決まった時期には決まった場所で決まった魚を狙う。多種目の釣りを楽しむ釣り師は、濃淡はあっても自分自身の「年間釣りカレンダー」のようなサイクルを漠然と決めている。

 たとえば、春は渓流のアマゴ、夏はアユの友釣り、秋は船のタチウオ、冬は磯のグレというようにザックリと決めている。おおよそ、ほとんどの釣り師がおおよそだ。しかし、中村さんはその区分がキメ細かい。その上、禁欲的に第一波の情報を待つ。われわれは「そろそろ時期だから」なんて言いながら我慢できずに出撃!と相成るが、「まだ少し早かったかなぁ?」など、釣れない言い訳をしながら毎年繰り返されるフライングを恥じることになる。

 ▽チヌを手にしていない理由

 中村さんの釣りカレンダーの4月から6月は、姫路の沖合18キロに位置する家島でチヌ釣りとサヨリ釣りに決めている。その家島に今年は6回通ったが、1尾のチヌも釣り上げていないと言う。中村さんらしくない。

 「実は、チヌを目的で釣行したのですが、1投目から、いかにもおいしそうな30センチもある良型のアジが食いつきました。続いて、また良型のアジ、またアジと続きました。私もこれが10センチの豆アジなら見向きもしません。『釣り師としての矜持(きょうじ)を…』と、一瞬よぎりましたが、それもつかの間でした。しっかりアジを釣る仕掛けに変更して必死で釣っているあさましい自分が情けない。しかし、アジ大漁でした」と、照れ笑いの中村さん。

 次の釣行では「チヌ以外は目もくれない」と、固く決心をして臨んだという。しかし、前回とまったく同じ内容を再演するかのように、次も、その次も続いたらしい。それが、今シーズン1尾もチヌを手にしていない理由だと言う。

 ▽初志貫徹できず

 1日、中村さんと友人は、今年最後の家島釣行に出かけた。今度こそ浮気はしない、と心に決めて坊勢の一文字に降りた。とにかく釣り始めた。「この日はチヌが釣れそうな雰囲気がありました。潮行きも申し分ありません。第1投目から竿(さお)先5メートルのなじみ始めたウキが海中に消し込まれました。チヌと思い込んで手繰り寄せると、これがまた丸々太ったおいしそうなアジでした。簡単に変節する自分が情けないとは思いますが、またやってしまいました。熱心なアジ釣り。この日もよく釣れました。アジ20〜30センチが約40尾とサヨリ25〜35センチ20尾にグレが1尾」と、中村さんは自嘲気味に語る。

 それほどおいしいというアジの調理法を伺うと、「アジを荒く切って大葉とショウガを刻んで一緒にたたきます。いわゆるアジのタタキです。それを具にして巻きずしの要領で巻きます。もう一品はキズシにして押しずしにしました。会社に持って行き同僚に振る舞うと、異口同音に『絶品!またお願いします』と言うものですから、ついつい初志貫徹できずにアジ釣りになってしまって…」

週末のイチオシ気配

 ■船(1)■加太・和歌山

 手堅くお土産を確保するなら、ガシラ狙いが一番。18〜25センチ20〜40尾。潮によりアジ27〜38センチ2〜5尾とサバ、マダイも1〜3尾程度混じる。要予約。▽荒神丸=電話0734(59)1187

 ■船(2)■初島・和歌山

 アジ堅調。沖の島沖に出て仕立て船でアジ24〜38センチ80〜100尾期待できる。サバも少々、シイラもまじる。要予約。▽松林渡船=電話0737(83)3000

 ■船(3)■家島・兵庫

 キス上昇気配。家島周辺でキス17〜28センチ40〜75尾。天秤仕掛け2〜3本針9号。エサは石ゴカイと青イソメ併用。▽山本丸=電話079(326)0238

 ■磯■梶賀・三重

 半夜釣りで尾長グレ30〜45センチ3〜5尾程度期待できる。エサはボイル。バラシ続出で竿2号、ハリス4〜5号、グレ針8号が船長推奨のタックル。「徹底した磯際狙いで」と船長。水温23度。▽榎本渡船=電話0597(27)2211

 ■ボート■紀伊長島・三重

 ボート釣りでキスが絶好調。20センチまでが30〜60尾。また、タコテンヤを使ってマダコ1.5キロまでを10〜15ハイ狙える。手こぎボート50艘、船外機付ボート25艘あり。要予約。▽石倉渡船=電話05974(7)0712

 ■筏■今浦・三重

 各筏でチヌ25〜50センチ10〜30尾の釣果出るはず。シラサで数狙いかイガイで型狙いかエサの選択で傾向はくっきり。▽海香=電話0599(32)5045

 ■波止■大阪湾全域

 大阪湾全域でチヌ活性高い。35〜50センチが5〜10尾前後見込める。カニ使いの落とし込み、エビ撒き釣り、オキアミのフカセ釣りともに好釣果続出。▽丸高渡船=電話06(6613)1075▽武庫川渡船=電話06(6430)6519▽ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

(大阪日日APG 川崎禎昭)