大森均の釣れ釣れ草

釣り好きは遺伝する? 小学5年生イシダイ仕留める!

2017年7月24日
見事イシダイを釣り上げた越首翔龍君
この灯台の先端で仕留めた

 日本の釣り人口は一説1千万人とも言われる。算出根拠は怪しいが、とにかく、そう聞いている。まったく釣りをしない人が釣りを嫌ってしないのか、とと言うと案外そうでもない。周囲にその趣味を持つ人がいなかったから機会がなかった、と解する方が自然だ。

 父親が無類の釣り好きなら息子にも同じ趣味を共有してほしいと願うのも当然で、それに近くに海があり、川があれば、その共有も加速する。徳島の江頭弘則名人や立石宗之名人も最初の師匠は父親だ。「釣り好きは遺伝する」と、釣友のUさんは真顔で言っていたが「父から子に伝わりやすい趣味」と言うことなのであろう。

▽1・7キロ43センチのイシダイ

 17日、海の日で休日。地元の小学校に通う5年生の越首翔龍君は、玉之浦湾口の灯台でイシダイ釣りに挑戦していた。翔龍君のお父さんは、釣り好きが高じて渡船業を営むまでになった本コラムにも度々登場する伸之介さん。屋号も長男の名から「翔龍丸」と名付けるほど子どもたちを溺愛している。

 まして釣りのメッカの五島玉之浦に住んで、お父さんが息子に釣りを教えないはずがない。翔龍君は、普通の釣り師が経験する程度のことは一通り済んでいる。しかし、イシダイ釣りは未経験で、波止場でその動作などを3、4回練習したもののそれはあくまで練習だった。

 この日、お父さんが運良く休船でこの灯台にやってきた。

 お父さんに伺うと「1投目は素針でした。2投目はエサのガンガゼを触った様子がありません。その3投目、着底と同時でした。教科書通りの三段引きで大きく穂先が突き刺さりました。イシダイの強い引きにピトンから竿(さお)を抜くことにも苦労していましたが、生涯最初の1尾にあえて手伝いませんでした。私たちのレベルではそんなデカ判ではないと分かっていてもそこは小学生です。何度も逸走するイシダイに少々手こずっていましたが『ゴリ巻きせよ!』と指示を出したあたりから体勢を立て直すと、海面下でキレイなしま模様が反転しました」とのこと。こうして無事1・7キロ43センチのイシダイが翔龍君の軍門に下った。

▽祖父のアタリ竿で

 釣り上げた本人の感想は「パパ、イシダイはこげんに引くと。ハマった!」と言うことらしいが、この1尾はお父さんには息子と違った感慨深いものがあった。この日、翔龍君が使用した竿は、伸之介さんの亡父、平太郎さんが使っていた3メートルの船竿だった。

 「いくらなんでも本格的なイシダイ竿では、もし釣れた時に小学生では扱えないと思い、オヤジがこの竿を使うと不思議に良く釣れるアタリ竿を翔龍に使わせました」と、伸之介さん。祖父のアタリ竿で孫が記念すべき1尾を釣る。1本の竿を通して伸之介さんには、きっと万感胸迫る一日であったに違いない。

週末のイチオシ気配

■船(1)■東二見・兵庫

 二見沖に出るマダコが好調。0.2〜1.5キログラムのサイズが40〜80パイ釣れている(船頭仕掛けも竿釣りもOK)。おいしいお土産確実!タコはこれからぐんぐん大きくなり、8月いっぱいはメインに出船予定。金曜日定休。要予約。▽西海乗合船=電話078(942)6480

■船(2)■泉南小島・大阪

 いよいよ大阪湾にもお待ちかねのタチウオの群れが入った模様。竿頭10尾程度(タチウオテンヤ40号)。エサはイワシ。ジギングでも同様の釣果。要予約。▽恵比須丸=電話072(495)1215

■船(3)■宮津・京都

 マダラ45〜80センチ10〜20尾、ソウハチカレイ25〜45センチ5〜30尾、アマダイ25〜40センチ5〜10尾、アコウ25〜45センチ5〜15尾の中でその日により魚種偏る。要予約。▽新幸丸=電話0772(28)0160

■磯■紀伊長島・三重

 イシダイが期待。過去のデータから60センチオーバーが7月後半には高確率で毎年登場。大島など沖磯が有望。沖向き遠投で。エサはヤドカリ。▽石倉渡船=電話05974(7)0712

■波止(1)■大阪湾全域

 タコジグを使った探り釣りが大阪湾全域で好調。150〜400グラム30〜50パイと、大阪湾の全域で安定した釣果。▽「南港」丸高渡船=電話06(6613)1075▽「武庫川一文字」武庫川渡船=電話06(6430)6519▽「北港」ヤザワ渡船=電話06(6573)7712

■波止(2)■垂水一文字・神戸

 チヌ落とし込みが好調。35〜50センチが1〜10尾、エサはイガイ。ガシラは18〜25センチ15〜30尾、平均20尾程度期待できる。エサはキビナゴ、シラサエビ、サンマ切り身、イカゲソ。▽船長丸=電話078(707)7181

■バス■琵琶湖・滋賀

 活性一段と上向き。プリンスホテル沖、膳所公園沖、近江大橋周辺の実績ポイントがさすがの釣れっぷり。連日50センチ後半数尾上がる。▽小林貸船釣具店=電話077(522)6347

 (大阪日日APG 清水智之)