大森均の釣れ釣れ草

そんなアホな! 跳ねた魚が口の中へ

2017年11月20日
この右側の波止で落下

 先日、お気に入りの「ロケットニュース24」というサイトをのぞくと、「そんなアホな!」という記事が目に留まった。

 英国で波止釣りに興じていた青年が、釣り上げた舌ビラメにふざけてキスをしようとしたらしい。こんな光景はわれわれもしばしば目にすることはある。やっと釣り上げた獲物にキスをする、いや、するふりをしてギリギリまで口を近づけた写真を私も撮ったことがある。

 しかし、あろうことかその青年が口を近づけると、舌ビラメが跳ねて口の中に飛び込んだ。魚が喉に詰まり息ができなくなってしまった。釣友が心臓マッサージを施しているうちに救急車が到着し、鉗子(かんし)を使って魚の尻尾をつかんでやっと引っ張り出した、とある。魚釣りの災難では私の知る限り、最もありえない話。

 ▽ウキが矢のように

 磯釣りなどは微妙な潮の流れに仕掛けを乗せるため、小さな独立磯の近くを狙って遠投することがある。先日もその狙いが的中して良型のグレを1尾釣り上げた。「もう、1尾!」と、調子に乗ってフルキャストすると、一瞬の強風でウキと仕掛けが小さな独立磯に引っかかってしまった。

 浅く引っかかっているだけならすぐ外れるだろうと、大きくアオッて外そうとした。「ギューン、ギューン」と5メートルの愛竿(ざお)がしなった。運良く外れた。ただし、その反発でものすごい勢いでウキが矢のように私をめがけて飛んできた。

 「危ない!」と思う間も無かった。ウキと仕掛けがバシッ!と体に当たった。ハードルアーのパッケージなどに「ルアーが木などに引っかかった際、強くあおるのはルアーが飛んできて危険です」といった表記がある。まさにこんな状況だった。

 体に巻きついた仕掛けを外そうとすると、ライフジャケットに針が刺さっている。無理に外したら布地が破れる二次災害。その夜、旅館で手の甲がズキズキと痛み出した。磯の上では、夢中で釣っているから気づかなかったが、硬いウキは手の甲に当たっていた。この程度の災難は序の口だ。

 ▽突然、漆黒の海中

 数年前に五島列島、大宝の波止でアオリイカを狙ってエギングを楽しんでいた。五島列島は12月でもエギングが可能で、昼に磯釣り夜の部はエギングが私の釣行の定番だった。移動を繰り返すも気配がない。キャストして着底を確認し、シャクリながら後ずさりして移動した。これがいけなかった。

 突然、漆黒の海中へ。泳げなければ間違いなく死んでいた。もちろん、落下した瞬間に道具一式は手から放しているので海中へ。はい上がって車に戻り、寒風吹きすさぶ中、全裸になってとりあえず車にあった乾いた衣類を身に着けた。確か、パンツが無かったのでそのままジーパンをはいたように記憶している。

 旅館に帰ると、はい上がる際に岸壁に付いたカキ殻などで傷だらけで、親指の皮は深くえぐれ血だらけだった。それでも、ばんそうこうだらけの手で次の日は磯の上に立っているから、われながら救い難い。

 半世紀の釣り人生でも最大の災難はこの程度。英国の青年に比べれば、その意外性には及びませんなぁ。

週末のイチオシ気配

■船■東二見・兵庫

 二見沖で秋マダコ狙える。マダコ0.4〜2.0キロ20〜40パイ期待できる。別船の呑ませ釣りでハマチ45〜50センチ5〜10尾。要予約。▽名田屋乗合船=電話078(912)7211

■磯■大引・和歌山

 カゴ釣りイサギ狙いが楽しめる。ヒジキ島で同魚25〜35センチ10尾程度は底堅い。他に潮次第でハマチ45〜50センチ1〜5尾まじる。水温20度前後。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■筏(1)■本浦・三重

 連日、チヌの大型(40センチ超)まじりで10尾程度の平均釣果。エサは、アケミ丸貝、イガイ、サナギ、オキアミ。▽やま栄渡船=電話0599(32)6009

■筏(2)■堂ノ浦・徳島

 内の海の筏で泳がせ釣り(活サヨリ)でハマチ45〜50センチ2〜5尾期待できる。チヌも20〜40センチ5〜10尾と好調。▽斎藤渡船=電話088(688)0453

■波止(1)■妻鹿・姫路

 5番テトラ側でグレ絶好調。フカセ釣りで同魚22〜28センチ20〜30尾見込める。タナ1〜1.5ヒロ。エサはオキアミ。石ゴカイも有効。▽日の出渡船=電話0792(46)3030

■波止(2)■水軒一文字・和歌山

 ガシラが短竿の探り釣りで19〜23センチを10〜20尾程度期待できる。また、25〜30センチのアイナメが0〜3尾まじる。エサはシラサエビ。▽水軒波止渡船組合=電話073(445)6064

■投げ■垂水西舞子海岸・兵庫

 カレイさらに上昇気配。現在は20〜30センチのマコガレイが主体(2〜3尾)であるが、40センチ級の一発が期待できる。エサはマムシ。▽まるは垂水店=電話078(705)0841

■管理釣り場■水無瀬川・大阪

 アマゴ17〜24センチがいい人で20尾前後釣れている。エサはブドウ虫、イクラ。道サオ4.5メートル以上。道糸0.6号、ハリス0.3号、アマゴ針3号。▽尺代漁協=電話075(961)6500

 (大阪日日APG 川崎禎昭)