大森均の釣れ釣れ草

田中修司選手(大分)が王座奪還!

2017年11月27日

2017シマノ・ジャパンカップ磯釣り選手権全国大会

田中選手の落ち着いた取り込み
(左から)準優勝の幸喜選手、優勝の田中選手、3位の前田選手

 第33回シマノ・ジャパンカップ磯釣り選手権全国大会が、11月18日と19日、長崎県五島福江島で開催された。今大会出場選手は、昨年度本大会上位のシード選手3人と、全国で行われた地区予選大会およびセミファイナル大会から勝ち上がった17人、そしてインストラクター選抜戦からの勝ち上がり選手4人の総勢24人の名手たちが2日間にわたって熱い戦いを繰り広げた。

 ▽3選手が全勝の好成績

 ジャパンカップ全国大会がグレシーズンの開幕と言われる下五島一帯の磯では、まだこの時期は、25〜30センチまでのサイズがボリュームゾーンだ。現地の釣友からの情報も「今年はグレ型がいい。良型は深いタナ」との情報が寄せられていた。この状況のなか、普段の釣りに近い感覚で競技を楽しもうと、寸法制限なしの7匹の総重量を競う新ルールを導入。

 あいにく悪天候で渡礁できる磯も限られたが、その予選5試合で田中修司(大分)、幸喜一樹(沖縄)、前田工(大阪)の3選手が全勝の好成績であったが、田中選手と幸喜選手が決勝へ勝ち抜けた。

 ▽劇的な展開

 注目の決勝戦は、両選手がサザエ島の「手代の地の西」で激突。田中選手は2013年にこの大会を制している実力者。対して幸喜選手は2年連続で全国大会に出場を果たした沖縄の新星。前半戦は、潮下の幸喜選手がまず2尾リードした。田中選手は浮力を微調整後、次の一投で良型のクチブトを食わせたが、終了5分前に再び幸喜選手が手応えのよい3尾目を取り込んだ。3対1とリードを許した田中選手であるが、負けながらも後半戦に備えて幸喜選手のヒットポイントをつぶさに観察しているあたりはさすがベテランの経験がそうさせる。

 後半戦に突入した直後、遠投をかけた田中選手はタモ入れサイズの2尾目をキャッチし3対2と迫った。一方の幸喜選手は強くなった当て潮に苦戦している。潮の効くポイントとタナを探し当てた田中選手は、45センチほどある良型を1尾追加した。コッパグレを1尾追加していた幸喜選手にこの時点で4対3ながら重量では完全に逆転していた。

 そして終了1分前のコール。潮が再びたるんだ状況で、田中選手が掛けた! やりとりの最中に終了のホーンが響く劇的な展開に。しかし規定上、1分以内に取り込めば釣果として認められる。取り込みカウント20秒で浮いた魚を一発でタモに入れ込んだ。ダメ押しの1尾を手中にした田中選手に2度目の勝利の女神はほほ笑んだ。

 過去この大会で5度の栄冠を手にした江頭弘則名人に田中選手のことを伺ったことがある。「取り込みの美しさなど基本動作もしっかりしていて、釣りの腕は確かです。これからは田中選手の時代が続くかもしれません」と、今日の活躍を予言していた。

 (写真および情報提供はシマノ)

週末のイチオシ気配

 ■船■明石・兵庫

 ガシラ堅調。同魚20〜28センチ20〜40尾見込める。他にメバル23〜30センチ5〜10尾まじる。その日の潮まわりで狙いを変えるので対象魚確認して。要予約。▽名田屋乗合船=電話078(912)7211

 ■磯(1)■尾鷲・三重

 12月1日から賀利磯の禁漁区が解禁になり、大型気配濃厚。毎年、解禁から40センチ台後半が釣れていたので期待できる。「例年解禁日から良い釣果(ガシラ、イガミ、グレの大型)ですので期待しています」と船頭。▽宮城野渡船=電話05972(2)1347

 ■磯(2)■樫野・和歌山

 双子の親などで対象魚を絞ってグレ25〜35センチ5〜10尾、イサギ25センチ前後10〜20尾、イガミ25〜40センチ10尾前後など期待できる。▽小川渡船=電話0735(62)0743

 ■筏■的矢湾・三重

 この時期になるとチヌの釣果にムラがあり、地域的にも釣果の差が拡大してくる。まだ数釣りの釣況でボラなどエサとりも多いが落ちの年なしが期待できる。▽永田渡船=電話0599(57)2754

 ■波止(1)■南港・大阪

 ドジョウの引き釣りでタチウオ期待。Jグリーンで同魚70〜100センチ20尾がいい人の釣果。他にオキアミのフカセ釣りでチヌ35〜45センチ2〜5尾。カワハギ15〜20センチが石ゴカイのエサで10〜20尾(ウキ釣り)。▽丸高渡船=電話06(6613)1075

 ■波止(2)■垂水・兵庫

 垂水一文字でグレが依然好調。26〜32センチ10〜25尾。この調子では今年いっぱいは大丈夫。ハリス1.2号、グレ針4号、タナ2ヒロ。エサはオキアミ。▽船長丸=電話078(707)7181

 ■投げ■妻鹿・姫路

 7番ケーソン側でカレイ22〜30センチ1〜5尾。投点は30メートル前後。他にガシラ15〜20センチ1〜5尾まじる。これからの時期はアイナメの良型も増えてくる。▽日の出渡船=電話0792(46)3030

 (大阪日日APG 錦 剛司)