大森均の釣れ釣れ草

キスのボート釣り 紀伊長島湾で32尾

2018年7月6日
24リットルのクーラーが小さく見える当日のキスの釣果

 キスは海岸付近の砂底で生活する。一部の種類の稚魚は河口などの汽水域で成長するほか、ごくまれに淡水に進出する種もある。一般的には、夏に沿岸のごく浅い場所まで移動し、砂浜などでも頭を下げて海底を嗅ぎまわるように泳ぎながらエサを探しているところを投げ釣りで御用!と、釣り上げる。

 習性として、駆け上がりなどに群れているので、投げ釣りの場合は、群れに当たれば良いが当たらなければ、その群れを探しながらの移動が強いられる。その点、船釣りやボート釣りは、投げ釣りで届かない範囲を広く探れる。当然、型もいい。

 また、10〜20メートルと比較的水深の浅いところで釣る場合が多い。8〜20号程度の軽いオモリで釣るので、あの「ブルッ!ブルッ!」という小気味良いアタリが確実に伝わりおもしろい。潮がよければ、良型がそろって50尾以上の釣果が飛び出すのもこの時季だ。

 「長島湾のボート釣りでキスが釣れていますが、あさって(7月1日)いかがですか」と、門真市の鶴見幸造さんからお誘いを受けたが、あいにく変更不能の予定があり断念。しかし、「もし、好釣果なら聞き取り取材をさせてください」とお願いをしてあった。当日の夕方、「まあまあ釣れました。型も上々で32尾!」と弾んだ声で電話が。早速帰りに立ち寄ってもらって、その様子をうかがうと…。

 ▽24センチの豊満ボディー

 鶴見さんと友人の中島啓太さんは、紀伊長島の貸船屋で船外機付きのボートを借りて、午前6時に出船した。この釣りのために4級船舶の免許を取った鶴見さんは、紀伊長島をはじめ、近畿一円の釣り場に月4回のペースで出かけている。

 「最初のポイントでまずは第1投目の仕掛けを降ろしました。水深は約15メートルほどでしょうか。着底を確認して聞くように穂先を持ち上げてみると、早速、ブルッ、ブルッ!と、キス独特の明快なアタリが伝わりました。水中からパールピンクの美しい魚体が踊り出た1尾目は、手計測で24センチほどのプリプリの豊満ボディーでした」。

 これがスタートの号砲であったかのように、中島さんと連続して交互にサオが曲がり始めたと言う。1時間ほど夢中で釣り続けて、その後、はっきりペースが落ちてきたらしい。アタリが遠のくと移動をして、また探る。こんなことの繰り返しで、納竿間際には湾口近くまで移動をしていた。

 ▽今が絶好のチャンス!

 「10カ所ほどポイントを移動しましたが、よく釣れたポイントは3カ所でした。反応がない時は速攻で移動。見切りを早くつけて次々移動することが素人船頭の釣りのこつです」。さらに、「キスは梅雨明けから7月いっぱいがピークで、40〜60尾の釣果が飛び出す今は、絶好のチャンスです。帰って、小さいものは天ぷら、22センチ以上のものは刺し身と塩焼きでいただきました。もちろんおいしかったです」と鶴見さん。

 この日は、サイズも18〜25センチの良型ぞろい32尾にチャリコも3尾交じり、中島さんも同程度の釣果だった。久しぶりの満足の釣果に「来週も行きますが御一緒しません?」

週末のイチオシ気配

■船(1)■加太・和歌山

 手堅くお土産を確保するなら、ガシラ狙いが一番。18〜25センチ20尾。潮によりアジ27〜38センチ2〜5尾とサバ、マダイも1〜3尾程度混じる。要予約。▽荒神丸=電話0734(59)1187

■船(2)■東二見・兵庫

 鹿の瀬、二見沖に出船するマダコが上昇気配。0.3〜2.0キロが20〜30パイ見込める。タコエギ、タコテンヤ使用。オモリ50号。要予約。▽西海丸=電話078(942)6480

■船(3)■印南・和歌山

 イサギ最終。印南沖に出てイサギ27〜36センチ30尾。船頭仕掛けの手釣りで。ハリス3号、テンビン4本針、オモリ100号。要予約。▽村上丸=電話0738(43)0612

■磯(1)■切目崎・和歌山

 底物期待。例年、この時期にイシダイ、イシガキダイ複数尾上がる。イシダイ針15号、オモリ30号。エサはウニ。アタリ頻繁。▽庄門丸=電話0738(43)0517

■磯(2)■梶賀・三重

 半夜釣りで尾長グレ30〜45センチ3〜5尾程度期待できる。エサはボイル。バラシ続出で竿2号、ハリス4〜5号、「徹底した磯際狙いで」と船長。▽榎本渡船=電話0597(27)2211

■筏■衣奈・和歌山

 連日、チヌ45センチまでがコンスタントに姿を見せるようになった。他にヘダイ24〜30センチ5〜10尾。コイズキ筏で35〜45センチ2〜5尾。エサはオキアミ、丸貝とサナギ。▽中長渡船=電話=0738(66)0657

■ボート■紀伊長島・三重

 ボート釣りでキスが好調。同魚15〜20センチまでが30〜60尾。8月いっぱいまで見込める。手漕ぎボート50艘、船外機付ボート25艘あり。要予約。▽石倉渡船=電話05974(7)0712

■波止■武庫川一文字・兵庫

 大阪湾全域でチヌ気配濃厚。35〜50センチが5〜10尾前後見込める。カニ使いの落とし込み、エビ撒き釣り、オキアミのフカセ釣りともに好釣果続出。▽武庫川渡船=電話06(6430)6519

 (大阪日日APG 松田勝也)