大森均の釣れ釣れ草

「仕事はともかく 釣りだけは譲れない」

2018年11月9日
頂点を目指す優勝決定戦の試合風景(シマノ提供)

 「釣りの試合って何?」−。

 酒席で釣りをまったくしない同席者から、週末の予定を聞かれた釣友の答えに発した言葉がこうだった。確かに釣りをしない人から見れば、「釣り」と「試合」は違和感のあるキーワードに違いない。

 本来、人間の競争心は不適切な劣等感を生みやすいが、成長にも欠かせない。これは、釣りにも当てはまる。特に、商業的な利益と一致する競技会は、釣り具メーカーがグレ、チヌ、アユ、シロギス、ヘラブナ、バスなどを対象として主催し、日本一を競う試合は一年中至る所で行われている。

 ▽競技会は隆盛

 「この川であの人以上にアマゴを釣った人は一度も見たことが無い!」と、上高地の宿の主人が隣の酒屋の釣技がいかにすばらしいかを話してくれた。渓流釣りに関しては、全国どこの川筋にも伝説的な釣り師はいるものだ。しかし、誰が日本一か、などということは比べようがない。

 一堂に会して、同一条件で腕比べをさせること自体が渓流釣りでは難しい。その点、バス釣り、磯釣り、アユ釣り、投げ釣りなどは、できる限り同一条件下で試合をさせる工夫を施すことにより、誰が一番かを決めることが比較的容易で、試合が成立しやすい。

 ここ三十年来、そんな理由で競技会なるものは隆盛を極めている。

 ▽相当の狭き門

 前出の釣友は、グレ釣りの名手で競技会に何度も挑戦している。決勝トーナメントに出場するには相当の狭き門を突破しなければならない。どれほどかと言うと、関東、東海、関西、四国、九州、沖縄の14会場の地区予選で、各会場100人ほどの出場選手の中からたった3人だけがセミファイナルに進める。さらにセミファイナルで17人に絞り込まれ、昨年度本大会上位のシード選手3人とメーカーのインストラクター選抜戦からの勝ち上がり選手4人の総勢24人で日本一が競われる。

 筆者も20年ほど前にチヌの地区予選に3年続けて出場したが、10位、9位、8位と尻上がりではあったが、及ばず撃沈。

 ▽日本一になるため

 そんな難関を経て日本一になった釣り師とも交流があったが、彼らと付き合って分かったことがある。たかが釣りぐらいで、と考えているようでは日本一にはなれない。仕事はともかく釣りだけは譲れない、と考えることこそ日本一になるためには大切らしい。

 普通の釣り人は、雑誌等で名人のすさまじい努力やその心構えの一端を知り、「そんなことまでして」という思いを抱きながら名人の釣果をうらやましがる。それが偶然大物を釣ったり、師匠より多くの釣果を得たりすることなどで、調子に乗って舞い上がる。「そこまでするのか」と努力もする。これが釣り師としての成長につながる。

 とにかく、われわれのような凡人釣り師は、事故なく、食卓のアクセントになる程度の釣果があり、家人にも良い趣味を持ったと喜ばれるような、心に余裕のある釣りを目指すことが一番ではなかろうか。

週末のイチオシ気配

■船(1)■比井・和歌山

 日ノ岬沖でシラサエビをエサにしたマダイ狙い(25〜50センチ)が5〜10尾程度見込める。7日、同魚40〜59センチ7尾。要予約。▽岬旅館=電話0738(64)2975

■船(2)■西津・福井

 小浜沖の半夜のマイカ釣りがおもしろい。マイカ胴長15〜35センチ50〜80パイ。6日、同魚14〜33センチ84ハイ。ウキスッテ3号胴突7本針、ハリス10号、オモリ60号。▽松福丸=電話0770(52)6298

■船(3)■東二見・兵庫

 マダコ今年は遅くまで釣れている。マダコ0.3〜2.0キロ10〜30パイ程度期待できる。しばらくは釣れ続く見込み。現在21度前後。要予約。▽俊郎丸=電話078(942)2749

■磯■尾鷲・三重

 グレ上昇気配。先週全般の釣況は、連日20〜27センチ20尾27〜35センチ5尾前後はいい人の釣果。これから型も上向く。他に7日にイシダイ53センチ登場。▽宮城野渡船=電話0597(22)1347

■筏■堂ノ浦・徳島

 チヌの型は小さいが、兼業(呑ませのヒラメ、カレイのチョイ投げ)が高確率で成功するのが堂ノ浦の魅力。7日、チヌ29〜39センチ27尾。▽斎藤渡船=電話088(688)0453

■波止(1)■妻鹿・姫路

 イチオシはアジのサビキ釣り。15〜20センチが50尾程度。そのアジを使って呑ませ釣りでハマチ45〜60センチ1〜2尾。他に生ミック、オキアミをエサにウキ釣りでチヌ20〜35センチ5〜8尾。▽日の出渡船=電話=0792(46)3030

■波止(2)■垂水・兵庫

 グレが数・型(25〜30センチ)20尾前後ともに期待できる。しばらくは大丈夫。ハリス1号、グレ針4〜5号、タナ1〜2ヒロ。エサはオキアミまたはイシゴカイ。▽船長丸=電話078(707)7181

■ボート■紀伊長島・三重

 良型のアジ(20センチ超)が釣れている。同魚40〜80尾にカマス30センチ超10尾前後、シオ、ハマチなど数尾交じる。要予約。▽石倉渡船=電話0597(47)0712

 (大阪日日APG 錦 剛司)



サイト内検索