大森均の釣れ釣れ草

海のジンクス 梅干しは「素で帰る」

2018年12月7日
「間」がストップになりフォールになって魚が食いつく

 ジンクス−縁起、因縁のように思う事柄−と辞典にある。釣りのジンクス、海のジンクスには似たようなものが多いが、これは、漁師も釣り師も共通の海を舞台にしているからであろう。比較的広く知られているものから、個人的に秘めたものまでその中身もさまざま。日本の釣り人には知られていないが、海外の漁師や船乗りの間では誰もが知るものもある。

 ▽不吉な導入口

 海外編、その一番手「バナナを船に持ち込むと不吉!」という話は、何百年も前から語り継がれているらしい。冷蔵庫のない大航海時代、持ち込んだバナナが腐って他の食材にまで影響が及んだという。また、バナナについた毒虫などにかまれて船員や漁師が死んだ。頻繁にある事例ではなかったかも知れないが、不吉な導入口となったことも一因にある。

 この時代の海難に対する「信仰」による安全を求める心は、世界中で当たり前のように強いものがあった。その延長線上に「バナナを船に持ち込むと不吉!」と、マイナスのジンクスが深く根付いて現代に残ったと考えられる。

 ▽海難を招く鶏

 神代の昔から現代に残っている日本のジンクスを一つ。

 米子と松江を底辺にした三角形の頂点の辺り、島根半島の東端に恵比寿様の総本宮、美保神社がある。この恵比寿様(事代主神)には、活玉依媛命という妻がいたが、米子から現在の物差しでいうと10キロほど離れた安来に愛人がいた。

 夜ごと通うが、朝鶏の鳴き声を聞くと、決まり事のように宮ノ谷(現在もバス停がある)の自宅に櫂(かい)をこいで帰る二重生活。現代社会にもよくあるような話で、ここまでは今も昔も変わらない。

 ここからが神話っぽい。ある日、夜中に鶏が鳴いた。恵比寿様は、夜明けと勘違いしてあわてて帰る途中に櫂を流してしまった。仕方なく足で水をかいで進んだが、突然、ワニザメにガブリ! この伝説は、美保関には根強く残っており、漁師が漁に出る時には鶏肉はもちろん、卵類も一切船に持ち込まなかった。すなわち、海難を招くと解されごく最近まで守られていた、と聞いた。

 ▽電話に出た途端

 「梅干しを持っていくと魚が釣れない」。これが日本中で最も広く知られるポピュラーなジンクスと思われる。私にとって最初の釣りの師匠もこう言った。「均よ、梅干しだけはいかんぞ。素(酢)で帰る、というからなぁ」と。つまり「素」は0尾、釣果がないのを望むようなもの、というわけだ。しかし、これにも異説がある。梅干しの抗菌作用は、食アタリを防ぐ。つまり、アタらない、魚のアタリがない、釣れないと伝わった。

 当世風のジンクスもある。「電話に出た途端に釣れる」。これは、エギングやルアーフィッシングで動きを止めることが魚にアタックさせる「間」を作るからと考えられ、ある程度の根拠がある。釣り場に掛かって来る電話は携帯電話に限られるであろうことから、普及以後のここ20年の新しい部類のジンクスだ。

週末のイチオシ気配

■船(1)■泉佐野・大阪

 タチウオ絶好調。5日、淡路沖で同魚70〜110センチ50尾が竿頭。好調持続しそう。タチウオテンヤ40号。要予約。▽海新丸=電話0724(69)2332

■船(2)■加太・和歌山

 マダイ堅調。田倉崎沖に出るタイラバ便で5日、夫婦釣れが同魚28〜60センチ8尾、他にカワハギ専門便で同魚23〜28センチ10尾。要予約。▽三邦丸=電話050(3532)9619

■船(3)■牟岐・徳島

 5日、出羽島沖に出てイシガキダイ27〜47センチ24尾。オモリ40号、エサはウニ、マムシ。要予約。▽第八光政丸=電話0884(72)1798

■磯(1)■大引・和歌山

 水温18〜19度台の今のうちがグレ狙い目。グレ30〜35センチ3〜8尾、イサギ30〜35センチ10〜20尾それぞれに期待できる。▽村井渡船=電話0738(65)1041

■磯(2)■市江・和歌山

 グレ上向き。大島、ハシカケ、マエジマなどで30〜35センチ中心に5〜10尾の釣果が出ている。イガミも専門に狙えば30〜40センチ5〜10尾。▽吉丸渡船=電話0739(52)3883

■筏■堂の裏・徳島

 サヨリ&アジ好調。ウキ釣りで同魚20〜30センチ100尾程度。エサはアミエビ。他にサビキ仕掛けでアジ18〜21センチが80〜120尾。▽斉藤渡船=電話088(688)0453

■波止■武庫川一文字・兵庫

 例年の実績からキビナゴをエサにズボ釣りでアナゴ30〜35センチが主体。当初は5〜10尾。釣り荒れる前が狙い目。▽武庫川渡船=電話06(6430)6519

■投げ■岸和田・大阪

 カレイ接岸が今週末あたりかそれとも来週末かというタイミング。2週間続けて出かけるつもりなら第一波の接岸に出合えそう。エサは青イソメ。▽岸和田渡船=電話0724(36)3949

 (大阪日日APG 錦 剛司)