連載・特集

金井啓子の現代進行形


初めて経験した地震の恐怖

 自宅の郵便ポストから「大阪 震度6弱」と大きく書かれた新聞の夕刊を取り出した私は、なんとも言えない不思議な気持ちに襲われていた。阪神淡路大震災の時には東京、東日本大震災の際には大...
2018年6月21日

NHKが放つ異彩番組に脱帽

 近ごろ、爆笑に次ぐ爆笑で私がハマっているテレビ番組がある。NHKのクイズ番組「チコちゃんに叱られる!」だ。お堅いNHKが手がける番組にしては、下手なバラエティー番組よりも断然面白...
2018年6月7日

加計と日大の共通項と相違点

 日本大学アメリカンフットボール部の選手による重大な反則の問題で、試合を主催した関東学生アメリカンフットボール連盟が前監督と前コーチを最も重い「除名」とする処分を決めた。次は刑事責...
2018年5月31日

カジノ誘致の賛否は住民意思で

 この秋にも予定されていた大阪都構想の賛否を求める住民投票が、延期されることが決まった。言うまでもなく大阪都構想とは、政令市である大阪市をつぶして、その代わりに東京都のように特別区...
2018年6月14日

組織も大学も信頼の失墜は一瞬

 日本大学のアメリカンフットボール部の選手が、関西学院大学の選手に悪質なタックルを行った問題で、加害者側の20歳の学生による記者会見が開かれた。私はこの件を個人としてだけでなく、ジ...
2018年5月24日

似合う服装で就活に出かけたい

 大学4年生の就職活動がピークを迎えている。3年生の頃は毎回ほぼ全員がにぎやかに集まっていたゼミも、4年生になると欠席者が目立つ。あたかも「大学の授業は休むもの」という前提で面接や...
2018年5月17日

記者が学び合う姿を社会に

 東京で行われた「報道実務家フォーラム」に今年も参加した。今年は3日間に拡大され、参加者も倍増して200人を超えた。大型連休の初日2日間とその前の金曜夜に「記者編集者のスキルと知識...
2018年5月10日

TOKIOの今後を見守る

 人間、長く生きていると多少の失敗をしたり恥をかいたりするものである。思い出すだけで恥ずかしくなるような私の失敗談もまだ鮮明に覚えている。だが、失敗があるから反省が生まれ、そこから...
2018年5月3日

セクハラで問われる報道の今

 テレビ朝日の女性記者へのセクハラ発言が問題視された財務省の福田淳一事務次官の処遇に関して、政府は24日、辞任を認めた。約5300万円の退職金の支払いは当面保留されるが、セクハラへ...
2018年4月26日