連載・特集

大阪ヒト元気録


4年間で利用者倍増

今月末で退職する東住吉区老人福祉センター館長  
 「やりたいこといっぱいあるんですよ」。膨らむ構想を抱えた植田正明さん(63)は、ちょっといたずらっぽい目をする。東住吉区老人福祉センターの館長として、高齢者の暮らしに有益な情報を...
2014年3月26日

公園から地域活性化

明治連合振興町会会長
 園内に生物の生息環境を再現したビオトープがあることで知られる阿波座南公園(西区立売堀2丁目)の地元、明治連合振興町会の会長を務める笹倉和忠さん(73)。特色ある環境を生かしながら...
2014年3月12日

「生きた証し残したい」

書家
 筆一本で生きていこうと決めたのは38歳の時。「世の中に自分の生きた証しを残したかった」。各公募展での入選・入賞を重ね、大阪、京都で書道教室を主宰、紙器メーカーや染織家とのコラボレ...
2014年3月5日

邪馬台国なぜ記紀にない

邪馬台国の謎を追った著作を出版
 生野区の生野本通商店街で、父親が創業した宝石、時計品店「ヤマシナ」を経営する傍ら、独学で古代史の研究に励み、このほど、邪馬台国の真相に迫った著作『日本書紀・古事記編(へん)纂(さ...
2014年3月19日

商店街の可能性を追求

一級建築士、コンサルティング会社代表
 昨年1月に港区でコンサルティング会社「アール・アイコンサルティング」を立ち上げ、商店街の活性化事業に着手。国の助成金を活用した照明の発光ダイオード(LED)化や防災イベントの開催...
2014年2月26日

社会全体で若者支えよう

NPO法人「スマイルスタイル」代表理事
 不登校、引きこもり、ニート…。誰も“排除”されず、たとえ社会のレールから外れても、その人ならではの役割を果たして生きていける。そんな環境をつくろうと活動を続けているのがNPO法人...
2014年2月19日

一般的でなく 毒っぽいもの

アートディレクター、墨絵師
 「舞台の宣伝美術」と「女の絵」にこだわるアートディレクターで墨絵師の東學さん。作務衣(さむえ)姿でたばこをふかし「二足のわらじならぬ“二足の雪駄(せった)”」と笑う。所属するデザ...
2014年2月12日

食や景色自ら体験、発信

大正カフェ観光案内所店長
 JR大正駅前で大正区の魅力を紹介する「大正カフェ観光案内所」で店長として奮闘する尾上春子さん。昨年8月にオープンした同案内所には、沖縄文化の根付くまちとして知られる同区をガイド雑...
2014年2月5日

お水汲み祭りに来て

北新地クイーン
 千人を超える参加者からの拍手を受けて、ステージの上でほほ笑む着物姿の女性。前任者からタスキをかけられる表情は晴れがましそうだ。昨年11月、北区のANAクラウンプラザホテルで行われ...
2014年1月29日