私の働き方改革

品質日本一を目指して

「個別指導キャンパス」代表 福盛 訓之
2017年12月13日
フィロソフィー浸透のための全社員研修

 なぜ社員にやる気がないのか、生産性が低いのかと嘆いておられる経営者は多いと思いますが、社長のほうが変わらない限り、社員は変わりません。社長が率先して、社員の暮らしぶりを良くしたいとみんなに明言し、自ら範を示していかねばならないのではないでしょうか。見えを張っておかしくなった会社はいくらでもありますが、常に自戒をこめて、そうなってはいけないと思っています。

 これまで数々の受賞歴がありますが、私の名誉欲や自己顕示欲を満たすためでなく、社員が自分たちの営みについて誇りが持てる一つの機会になればと願い、表彰は受けるようにしています。

「教育格差の是正」掲げる

 社会に対しての取り組みとしては、「教育格差の是正」を掲げています。社会において、親の学歴や貧富の差が子どもにも再生産されるというケースが多いので、当社は授業料を格段に安く設定して、本来なら塾に子どもを通わせにくいという家庭にも門戸を開放しています。

 また、児童養護施設に入っている小・中学生にはそろばんや習字を習う助成金が国から出ますが、義務教育でない高校生の場合、学校外での教育に対する支援金は実はゼロなんです。社会全体での大学進学率は5割を超えているのに、児童養護施設にいる高校生では2割しかありません。そこで、彼らに無償で指導するという取り組みも行っています。

全国2500教室に拡大へ

 10年以内に学習指導品質日本一を達成しつつ全国2500教室に拡大したいと考えています。その達成のためには、社員が生き生きと働けるということが必須条件です。今後も社員が自分の仕事に誇りを持って働ける環境をつくると共に、高いレベルで社員の絆を強め、ベクトルをそろえるためのさまざまな取り組みに挑戦していきたいと考えております。

http://www.shinkyoiku.com/(おわり)

最新記事