2018 トップの決意

 2018年が幕を開けた。大阪、日本、そして世界を変えようと、企業・団体の代表者らが動きだしている。「トップの決意」を随時紹介する。

パンケーキで幸せ届けたい

株式会社gram社長(大阪市北区)
※田 雄さん
2018年2月15日

 今年は海外進出と店舗拡大を進めたい。知名度とブランド力を生かして、たくさんの人に良い商品を提供していく。現在の店舗の形態は「イートイン」だが、テークアウトや物販ができる店をつくっていきたい。

 現在店ではレギュラー商品のパンケーキだけでなく、季節ごとの商品を出し続けている。看板商品の“ふるしゅわ食感”の「プレミアムパンケーキ」や、ご当地メニューも展開し、喜んでもらっている。安心感を大事にしながら、飽きさせないことが大切だ。働く側は「いつも笑顔とパンケーキ」をキャッチフレーズにしている。パンケーキを通して幸せを届けたい。喜んでくれる人が増え、自然とそういう気持ちになった。もっと良いものを作ろうと進化したのが現在のパンケーキだ。スイーツは見栄えで勝負しがちだが、味にもこだわることが重要だ。

 仕事で大切にしているのは間違いを繰り返さないことと、良いことは実践することだ。スピード感も忘れていない。ただ逆境はたくさんあった。そこで悔しいと思えるかが大事だ。最初は南船場で17坪くらいの店から始めた。お客さまは来ず、商売は甘くはなかったが、がむしゃらだった。プレミアムパンケーキが話題になり、足を運んでいただけるようになった。いつの間にか一緒にやりたいという方が増えて全国に広がっている。

 会社の状況を登山に例えるなら、準備が整い、これから登り始めるところだ。見たことのない景色や人との出会いが待っていると感じる。海外進出や店舗拡大は「頂上」ではなく、通過点だと思っている。頂上では、今は思い付かないような事業をするかもしれない。今年を一文字で表すならgram(グラム)の頭文字の「g」にしたい。グラムは僕の人生を大きく変えた。

※はハシゴ高