連載・特集

大阪24区予算拝見


 大阪市24区がそれぞれ力を入れて取り組む新年度事業を順次紹介する。

平野区 みんな食堂ネットワーク拠点事業

 子どもたちが地域の人と食事ができる「こども食堂」を、高齢者らも含めた世代間交流の場「みんな食堂」と位置付けて平野区内に定着させていく「みんな食堂ネットワーク拠点事業」(933万1...
2017年5月2日

東淀川区 「こどもと地域を結ぶ居場所づくり」事業 

 子どもの居場所の設置に意欲的な地域団体を支援しようと、「こどもと地域を結ぶ居場所」づくり・学習支援事業(1126万円)をスタートする。アドバイザー機関を設置して運営に関する助言を...
2017年4月30日

西区 訪問型病児保育(共済型)推進事業

 子育て世代が急増する中、「訪問型病児保育(共済型)推進事業」(569万7千円)に重点的に取り組む。
2017年4月28日

北区 学習活動支援事業

 学習活動支援事業として、小中学校の文化芸術体験事業と中学校の部活動支援事業を行う。文化芸術体験は、北区にゆかりのある能や落語の体験を通じて地元への愛着心を育む。事業費は1130万...
2017年5月1日

住之江区 介護就労コーディネート事業

 生活保護受給者や生活困窮者を介護人材として育成し、介護事業所に紹介する「介護人材就労コーディネート事業」(192万円)に力を入れる。介護人材不足を緩和するとともに生活保護受給者の...
2017年4月27日

都島区 家庭要因の課題改善

 2017年度から、スクールソーシャルワーカー(SSW)による子ども相談事業(349万6千円)を始めた。区内の小・中学校を定期的に訪問。学校だけでは困難だった家庭などを要因とした不...
2017年4月26日

生野区 「食」テーマの英語体験事業

 食をテーマに小中学生が英会話を体験できる事業(258万8千円)を行う。身近な題材で英語や他文化への関心を引き出すのが狙い。子どもらは、ネーティブの講師から英語圏の食文化を学んだり...
2017年4月25日

天王寺区 地域資源活かした防災事業

 寺社、マンション、充実した医療体制といった区の“資源”を生かし、本年度から本格的に南海トラフ地震や上町断層地震の防災体制を整える。事業費は185万3千円。
2017年4月22日

福島区 のだふじ再整備事業

 区民から寄せられた寄付金を活用し、区の花「のだふじ」の名所、下福島公園の魅力を高める「のだふじ再整備事業」に2805万6千円を計上した。区企画総務課は「下福島公園をはじめ区内に点...
2017年4月21日