大阪24区予算拝見

 大阪市24区の各区が予算を通して取り組む独自の事業を随時紹介していく。

此花区 MKBプロジェクト事業

2016年5月11日

舞洲の魅力 区民に発信

多くの区民に好評だった「MKBの祭典」(昨年の様子)とスポーツ施設が集積する舞洲(下)=コラージュ

 市内有数のスポーツ施設が集積する此花区の舞洲。区では魅力資源としての舞洲を区民に認識してもらおうとMKB(舞洲此花ブランド)プロジェクト(予算302万円)を継続実施する。

 交通の便などから区民が舞洲の施設を利用する機会が少ないという実態を踏まえ、区民手作りのスポーツイベントを通じて、あらためて愛着や誇りを感じてもらうことが狙い。

 原点は2013年度で当初はJOCとのタイアップでマラソン大会も盛り込んだが、昨年度、大幅に刷新。府民共済SUPERアリーナで開催する「MKBの祭典」実行委メンバーは、区民や出身者、在勤者など此花にゆかりのある人を対象とする公募に切り替えた。

 昨年は熱心なメンバーが集まり、区と協議しつつ、区民目線でユニークな競技のアイデアを出し合って企画、開催した。参加者にも好評を得るなど一定の成果を収めた。

 11月23日の開催に向けて実行委を募集中。このはな魅力発信担当課長の馬場正敏さんは「此花の魅力は『人』でもある。皆さんが地域に関わることによって支え合いの心が広がり、日常や災害をはじめとする非常時の積極的な行動につながれば」と期待を込める。