大阪24区予算拝見

 大阪市24区がそれぞれ力を入れて取り組む新年度事業を順次紹介する。

鶴見区 鶴見魅力創造事業

2017年4月6日

「つる魅力検定」計画

 区の歴史や魅力を発信する鶴見魅力創造事業(699万8千円)を拡充した。新たな試みとして今年11月に「鶴見アートフェスタ」、来年2月には「つる魅力検定」の実施を計画している。

 冊子「発見!!つる魅力」=写真=を昨年3月に発行。新年度はこれを発展させる形で検定を企画した。幅広い世代に参加してもらえるように子ども用と大人用の問題を予定。区政会議(つる魅力向上部会)の知恵を借りながら、魅力的な検定に仕上げる考えだ。

 アートフェスタは、区にゆかりのある音楽家や芸術家が一堂に集う内容。区内にはグラスアートや炭を使う芸術家もおり、当日は上質の芸術を身近に感じることができる。

 同事業では区役所ロビーを舞台にした「トワイライトコンサート」や3年目を迎える「つるみワールドフェスタ」など人気企画も継続。

 区魅力創造課の奥本秀樹課長は「鶴見の魅力を通して、住んで良かった、住み続けたい町につながるようにしたい」と話していた。