浅野秀弥の未来創案

【東京都議選結果を考察】

2017年7月6日

安倍1強へ選挙民の鉄つい

 2日投開票の東京都議選は、小池百合子都知事率いる都民ファーストが圧勝した、私は決して「政策が圧倒的に支持された」とは思っていない。安倍政権の森友、加計両学園問題への対応や豊田真由子議員のパワハラ、稲田防衛相の暴言、二階幹事長や麻生副総理らのマスコミへの八つ当たりなど、とめどない自民党への疑惑や不祥事、さらに市場移転問題など東京都の長年の課題と過去の石原、猪瀬、舛添歴代知事への不信感も重なり、政権政党に対する嫌気と自民都議の利権問題も重なり、一気に吹き出した結果だ。

 昨今の政局は「いかに風を起こせるか?」がすべて。そしてそのきっかけとなる“抵抗勢力”の敵を作り上げられれば、とてつもない大嵐となる。実は小池都知事は、豊洲移転問題一つを取っても何もしていない。東京五輪経費分担問題でも、大山鳴動ねずみ一匹が現実だ。結果は出ていなくても都民は「何かやってくれそうだ」の期待感を抱いた。

 都市部有権者は地域利権へのしがらみが少ない。安倍1強で着々と進む独裁体制を「このままではダメ。変えよう」と切実に思い、元自民党衆院議員でありながら、現政権とはかかわらず、いや相手にすらされなかった小池知事が、結果として政権から距離を置き出馬に踏み切った事が「風」を呼んだのだ。過程はともかく選挙は結果がすべてで恐ろしい。

 では大阪の橋下徹知事誕生後における維新の「風」と比べよう。民活の先進地・大阪は長年「府庁はキャリア官僚、市役所は労組と市大閥」に支配されてきた。その流れに風穴を開けた橋下維新は、歯に衣(きぬ)着せぬ言動と現状破壊で大阪府民に新鮮さを受け入れられた。

 小池都知事は橋下氏のように出来ない事を「出来る」とは言わない。無党派弁護士出身の橋下氏と比べ、永年の国会議員歴もある。首都東京は問題山積で、小池都知事は一つ間違うと維新が大阪ローカルに埋没し地盤沈下の憂き目を見たのと同様の危険性がある。閉塞感(へいそくかん)の広がる維新の現状を反面教師とし、すぐにでも次の一手を打たなければ、首都の没落は、日本の未来に多大な悪影響をもたらす。

 あさの・ひでや(フリーマーケット=FM=社社長、関西学生発イノベーション創出協議会=KSIA=理事長)1954年大阪市生まれ。わが国のFM創始者で日本FM協会理事長。関西経済同友会幹事。数々の博覧会等イベントプロデュースを手掛ける。