まいどっ

素材にこだわる甘味

喫茶「はら」
(東淀川区淡路4丁目) 店主・原哲朗さん
2016年7月29日
1番人気の抹茶味のロールケーキと店主の哲朗さん

 木造でレトロな雰囲気が漂う喫茶「はら」(東淀川区淡路4丁目)。淡路本町商店街で、静岡県や鹿児島県から仕入れたお茶などを販売する「淡路もりえん」内にあり、素材にこだわった甘味を味わえる。

 店主の原哲朗さん(77)が、十数年間のお茶の修業を経て、44年前に開店した。現在は誠一さん(46)と樋渡恵子さん(47)の2人の子どもらと一緒に営んでいる。

 店内は、カウンター席10席とテーブル席が三つ。天井から無数の千成びょうたんがぶら下がり、ユニークな内装となっている。

 おすすめはロールケーキにサイホン式のコーヒーか紅茶が付く夏季限定の「アイステツロールセット」(600円)。ロールケーキはプレーンと抹茶、チョコ、コーヒーの4種類の中から二つを選ぶことができる。1番人気の抹茶味は、京都・宇治の老舗「山政小山園」の抹茶を使用。一口食べれば豊かな風味が口に広がる。

 哲朗さんは「抹茶ロールは若い人もお茶の世界に触れてもらえる商品。ぜひ、食べてもらいたい」と話している。

 営業時間は午前6時〜午後6時半。木曜定休。電話06(6323)0613、喫茶「はら」。