澪標 ―みおつくし―

私の考える8020

岩住 征紀
歯科医
2017年9月29日

 8020(ハチマルニイマル)運動−80歳で自分の歯を20本以上残すことを目指そう−

 平成元年に厚生省と日本歯科医師会とで提唱したこのスローガンは「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めて始まりました。今年6月に発表された歯科疾患実態調査によるとその達成率は50%を超え、当初の予想より速く上昇していると話題になりました。この背景には、国を挙げての働きかけや、(歯磨き粉、歯ブラシなど)製造会社による啓発運動、それによる患者さんの歯に対する意識の向上と口腔(こうくう)ケアの実践、そして歯科治療の進歩・材料の開発等によるものと考えられます。

 ただ、「80歳にして20本歯がない」場合であっても悲観することはないと私は考えています。歯がない部分を放置せずキチンと入れ歯を装着することで、食べ物を噛(か)む機能を回復させることはできます。また、よく噛むことによりあごの周辺にある筋肉の活動が脳を刺激することで、脳の血流がよくなるという調査結果もあります。ただし、面倒ではあっても食事が終われば歯を磨くのと合わせて、入れ歯についた汚れも掃除して奇麗にしなければいけません。ここでも口腔ケアの必要性は変わらないのです。

 私の診療所でも、初診時はほとんどの歯が重度の歯周病にかかっており、「歯がぐらぐらで痛くて噛めない。だから食事が丸のみ状態」という方がいました。相当に進んだ歯周病だったので上あごは歯が1本もない状態で総入れ歯。下あごは4本だけ歯が残り、ほかの部分は部分入れ歯になりました。入れ歯作成後、慣れるための調整が何度か必要でしたが、今では「なんでも噛めるようになりました」とのことで胃腸への負担が軽くなったのが自分でもわかったそうです。ちなみにこの患者さん。御年83歳で4本の残存歯なので「8304」になりますが、心身ともに健康そのもので4カ月に1度の定期健診に来られています。

 実は口腔ケアの重要性は近年医科の先生方からも支持を集めるようになってきました。口腔ケアをこまめに行っている人と、そうでない人とでは「誤嚥(ごえん)性肺炎」の発症率、「口腔がん・食道がん」にかかるリスクを調べた結果、口腔ケアをした人のほうが、優位にそのリスクが低かったというデータがあります。また、(口腔ケアがおろそかになっている)歯周病の人は心筋梗塞になりやすいという報告もあります。

 「8020運動」も多くの人に認知されるようになりました。「自分の歯は何本あるか?」に関心を持つ年配患者さんは増えましたが、残っている歯は「今までで治療した結果残っている歯」の本数です。大切なことは、これから「よく噛む」ことに加えて「よくお手入れする」ことだと考えています。

 (いわずみ・ゆきのり、大阪府吹田市)