澪標 ―みおつくし―

一人一人の人生を知り、在日という存在にリアリティーを持って

金 和子
在日コリアン青年連合(KEY)事務局スタッフ
2017年12月22日

 私の属するKEYではホームページ上に在日コリアンなんでも相談室「晴れほこ」を開設しています。自分は何者? これって差別? どう生きていくべき? 身近に相談できる人がおらず一人でネットを見ては途方に暮れている、そんな在日青年の心の支えになれたらと開設、届いたメールは相談員スタッフで何度も読み返し、できる限り丁寧に返答するようにしています。

 「晴れほこ」の相談は年間数件。しかし悩んでいる若者は少ないのかというと決してそうではないと思います。メールで相談するには悩みを自分で言語化しなければなりません。でも多くの場合は何をどう考えたらいいのか、もやもやした霧の中にいます。ですから相談という形ではなくイベントに参加し関係性ができてから相談してくれる場合も多いです。

 これまでの相談で最も衝撃だったのはみどりちゃん(仮名・日本国籍)です。在日の少ない地域に住み、30年間誰にもルーツを話したことがなかった彼女。KEYに慣れてきた頃、思い切って親友にカミングアウトしたのですが、「みどりちゃんが在日だなんて言わないでほしい。私、嫌韓やから。それに在日って強制連行で来たんじゃないんやで」と返されたと言うのです。これには私も絶句しました。

 親友が在日だとわかって困惑ではなく拒絶。そして歴史論争を始める…。ひどく落ち込んだみどりちゃんが私につぶやいた言葉も気になりました。「親友は勉強家なんです。大学院も出ているし私よりも歴史のことをいっぱい知ってます」と。大学院出てるか知らないけど目の前の親友の気持ちもくめないなんてその子は人としてどうかしてるよと言いたい気持ちを抑えて、「歴史の勉強ってそんなことじゃないよ」と話すのに精いっぱいでした。

 歴史とは何のために学ぶのでしょうか。誰かに論争で勝つためでしょうか。念のため補足すると、在日の多くは強制連行より早い時期に植民地化に伴って徐々に渡日し、生活の基盤が日本になったために残留したわけで、戦争末期に強制連行された多くの労働者は炭鉱の飯場などで暮らしていたため解放後に帰還しました。また重労働でそのまま日本で亡くなった方も少なくありません。

 しかし、強制連行であるかどうかという一面的な議論にどれほどの意味があるでしょうか。そんな論争よりももっと具体的に在日コリアンの歴史を知ってほしい。どんな人が、どんなことを思って生きてきたか。たくさんの個別具体的な人生を知れば、もっと在日コリアンという存在にリアリティーを持つことができるのではないでしょうか。そうすれば、目の前の親友を傷つけている自分にも気付けるのではないでしょうか。

 私たちは今夏、本を出版しました。『在日コリアンの歴史を歩く−未来世代のためのガイドブック』(彩流社)です。戦後70年を節目に、在日の集住地区や戦争遺跡をフィールドワークしたり1世2世の聞き取りを行った記録です。また3世4世のコラムやキーワード解説なども加えました。

 この本はたくさんの在日の人生の軌跡と若い世代へのメッセージにあふれています。“「歴史の中に人あり」を体感させてくれる本”という感想を寄せてくれた方がいますが、まさに私たちが目指したかったところです。ぜひ多くの人に、本を通じて在日コリアン一人一人の人生に出会い、自分はどう生きていくべきかを考えるきっかけにしてもらえることを願っています。

 (キム・ファジャ、大阪市此花区)