連載・特集

おおさか未来予想図


 多くの外国人観光客(インバウンド)でにぎわった2017年の大阪。18年は国際博覧会(万博)誘致が本格化し、カジノを含む統合型リゾート(IR)や大阪都構想の賛否が問われる。各地で進む再開発やホテル建設の槌音(つちおと)は大阪の福音となるか。大阪で起こる未来への動きから予想図を描く。第1部は「先端技術のまち」をテーマに、ロボットや人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、情報通信技術(ICT)への取り組みを紹介する。

第1部「先端技術のまち」(4)

ICTと教育
 情報通信技術(ICT)の発展に伴い、教員が知識を伝える教育手法は、生徒自身が教壇に立って教え合うといった学び手主体に転じ得る。生徒が教科の問題を作成したり、授業を主導したりと、大...
2018年1月6日

第1部「先端技術のまち」(2)

AI、ロボット
 人工知能(AI)やロボットを生かしたサービスが身近になってきている。その存在は生活の中に着実に浸透し、広がりを見せている。
2018年1月4日

第1部「先端技術のまち」(1)

ロボット
 アトム、ガンダム、ドラえもん。強くて、かっこよくて、楽しくて。それは、夢のはずだった−。
2018年1月3日

第1部「先端技術のまち」(3)

IoT
 関西に拠点を置く中小企業が得意分野を生かして連携し、モノのインターネット(IoT)技術を活用したシステムの構築・販売に取り組んでいる。5年目を迎えた事業の名称は「関西積乱雲プロジ...
2018年1月5日