霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

野村 夏生(GRAM)

2017年5月29日

自分探しの旅の途中

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 透き通った水色の空に浮かぶ雲のようなふわっとした空気感が一気に広がる。チャーミングで穏やかな笑顔が、初夏を思わせる日差しに反射する。

 「中学からファッション誌が好きで、いつか出たいと思っていた」と、大学に入って「若い時にしかできない。ずっとやりたかった」モデルとして活動をスタートした。

 初仕事は淡路島でのバーベキューの撮影だった。「緊張しすぎてあたふたしていた」。この現場でモデルとしての撮られ方を先輩から学ぶ。「頭を使いながら動いて撮られている」事を実感。「面白い。感動しました」と初めての現場をみつめた。

 「自分には何の仕事が向いているのかまだ分からない」と、今は自分探しの旅の途中。「お芝居もしてみたい」と演技のレッスンにも汗を流し、今後の仕事の幅を広げる。そして「自分に向いている仕事を見つけたら、一直線」と笑う。

 漬物とおでんをつまみにハイボールをグイっという一面も。大学卒業を控えるが「今はモデルを頑張りたい気持ちが強い」と将来を見据える。「自然体でいることを心掛けています」

 (ヘアメーク 増谷祐佳)

 【プロフィル】のむら・なつき T165 B80 W62 H89 大阪府出身。情報誌などスチールをメインに活躍。テレビCMにも出演するなど、幅広く活動する。