霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

大友 優歩 (フリー)

2018年8月6日

灼熱の太陽みたいに

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 まさしく灼熱(しゃくねつ)の太陽がジャストフィット。内面から湧きだしてくる元気さが、こんがり肌に行き渡る。

 6歳までシンガポール、マレーシアで過ごし、中学時代はバレーボール日本代表の育成選手に選ばれた。高校時代はインターハイにも出場したが、「けがが重なって」とバレーボールは高校3年で断念した。

 そしてブライダルの専門学校に進学。「知り合いに呼ばれて」メークの専門学校のショーに出演したことで関係者の目に留まり、「コンテスト受けたら」と声がかかった。

 「そんな道があるとは」と、2017ミス・ユニバース沖縄に応募。「スピーチは手応えがあった」が代表には届かず「悔しかった」。その思いを胸に翌年にはミス・スプラナショナル大阪代表として日本大会の舞台に立った。

 「ミスコンは人として、女子として磨かれていく。大人になって頑張ろうということはなかなかない」と来年のミス・ユニバースには「最後の挑戦」をするつもり。「ミスコンは自分を変えられる場所。自分には向いていないと思っている人にもぜひ挑戦してほしい」

 (ヘアメーク 増谷祐佳)

 【プロフィル】おおとも・ゆほ T174 B86 W68 H98 滋賀県出身。2017ミス・ユニバース沖縄ファイナリスト。2018ミス・スプラナショナル大阪代表。