霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

HANA(TRAPEZISTE)

2018年11月26日

「お姉ちゃんが目標」

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 あどけなさの残る表情が、カメラの前では凜(りん)とした涼しさに変わる。ニッコリ笑う元気な笑顔に、これからの希望が輝く。

 「6歳上のお姉ちゃんがモデルをやってて、小学6年生の時にいいな」と思った。そして中学生になって「お姉ちゃんが出ていた」神戸コレクションを見に行った時に「スカウトしてもらった」。

 デビュー前は「簡単やと思っていた」ウオーキングやポージングは「想像していたより難しい」と痛感。「一つ一つ考えてやっていかないと」と、仕事への向き合い方が変わった。今のレベルを冷静に見つめ、「できるまで勉強しないと」。

 今年、高校受験を控える15歳。中学ではソフトボール部に所属し「ショートで1番」。数学、美術が得意で、絵を描くことが好きだという。

 「お姉ちゃんが目標」で背中を追いかけ、戸惑ったら「お姉ちゃんに質問」する。「みんなで見られるような雑誌の仕事もしてみたい。テレビもやってみたいし、ショー、撮影をいっぱいやりたい。東京にも行ってみたい」。これから一つ一つ夢を手繰り寄せるつもり。「ずっとモデルを続けていきたい」

 (ヘアメーク 増谷祐佳)

 【プロフィル】ハナ T170 B78 W62 H90 兵庫県出身。オーストラリアと日本のハーフ。ショー、スチール、サロンモデルなどで活動。今後の活躍に期待。