霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

佐々木和(erg―Au)

2019年1月5日

好奇心で輝く瞳

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 知的な上品さと、はつらつとした笑みがいっぱいに広がる。大人びた涼しい表情の中に、瞳は好奇心で輝く。

 学生の時に「頼まれて」ヘアサロンでモデルを経験。「楽しい」と思い始めたタイミングで「大阪でフリーペーパーを発行している団体に声をかけてもらった」。それがきっかけとなり、「モデルをやりたい思いに目覚めた」という。

 そして「自分で事務所を探して」活動を開始。「まだまだ経験が足りない」と、デビュー1年目は「緊張ばっかり。あっという間に過ぎた」と振り返る。「右も左も分からなかった。オーディションがあるのも初めて知った」と大きな瞳がくるくる動く。

 「今年は今までやったことのないジャンルに挑戦したい」と意気込む。初めは「笑えなくて」苦しい経験もしたが、「見せ方のバリエーションがあるモデルになりたい」と表情の幅を広げるために経験を積む。

 「みんなと一緒に考えながら作品を作っていくのが楽しい」とスラッとした美しい首筋が伸びる。「ステップアップの一年になれば。目の前の仕事を頑張っていきたい」

 (ヘアメーク 増谷祐佳)

 【プロフィル】ささき・やわら T167 B80 W59 H83 京都府出身。ブライダルをメインにショー、スチールで活躍中。和装、ヘアショーなどにも出演。


サイト内検索