大阪発 癒やしの温泉巡り

滋賀県東近江市 「永源寺温泉 八風の湯」

2017年2月11日

癖なく肌に優しい湯

露天風呂からは、自然のキャンバスの景色が広がる

 滋賀県の湖東地方、愛知(えち)川上流の山峡に湯煙が漂う。すぐ近くに、南北朝時代創建の名刹(めいさつ)・永源寺があり、温泉の名にいただいている。黒を基調にした館(やかた)の内外観はシックで、日帰り、泊まり客ともに、お湯と、丹精込めた食事と、びょうぶ絵のような景色の“三宝”を楽しめる。

 開湯は2008年。泉質は、癖のない単純温泉で、肌にも優しい。紅葉の湯と、瑞石の湯を男女で使い分ける。湯温の異なる内湯、自然石を豪快に使った露天風呂、壺(つぼ)湯、ドライサウナ、ねころび湯、水風呂、塩サウナ塩窯、岩盤浴などがそろい、日ごろの疲れを癒やしてくれる。

 露天風呂からは、イワナが育つ愛知川の清流が目の前で、背景には鈴鹿山系に連なる山々がかすむ。その四方八方から風が吹き出すところから「八風(はっぷう)」の地名ができたという説もあるそうだ。

 食事処と炭火焼の「山水」は民芸調の内装で落ち着く。窓際の席からは露天風呂同様の景色が広がり、まさに自然のキャンバスだ。四季それぞれの食材をそろえるが、夏の時季にはイワナ料理をたっぷり楽しみたい。別に宴会場もある。

 宿泊の客室には、すべて信楽焼のつぼ風呂がしつらえてある。そういえば、露天風呂には、陶器のタヌキが愛想よく座っている。飽きずに“にらめっこ”をしていると、浮世のあかさえも流し去ってくれるようだ。

 (日本旅のペンクラブ会員 井上年央)

【所在地】滋賀県東近江市永源寺高野町352
【電 話】0748(27)1126
【定休日】年中無休(設備点検の臨時休業あり)
【宿泊料金】「八風別館」に8室。(定員48人)、2人1部屋の場合、1泊2食で1人1万5120円〜。
【日帰り入浴】午前10時〜午後10時(最終受付午後9時)。土曜日は午後11時まで(最終受け付け午後10時)
【入浴料金】大人=平日1300円、土日祝1500円▽小人(中学生未満)平日700円、土日祝800円▽3歳未満=全日200円。大人、小人には、タオル・バスタオル・館内着が付く。
【交 通】名神高速道の八日市ICから約12分。JR近江八幡駅からマイクロバスの無料送迎あり。