大阪発 癒やしの温泉巡り

大阪府大阪狭山市 「虹の湯 大阪狭山店」

2017年10月21日

リゾート感覚あふれる

大滝を眺めながら入浴できる「卵型」の壺湯

 都市中にありながら、“リゾート感覚”にあふれている。人工の滝を眺められる露天風呂、おじいちゃん、おばあちゃん孝行ができそうな家族風呂、くつろげるお食事処(どころ)など、湯の香りとサービスが溶け合う温泉だ。

 所在は大阪狭山市だが、すぐ横が堺市という立地に、虹の湯は2013年5月にオープンした。自前の源泉は地下千メートルから毎分400リットル、34・9度のアルカリ性単純温泉が湧き出ている。

 大浴場は2階にある。男性用、女性用は入れ替えなし。いずれも、露天風呂の目の前に人工の岩壁と4本の滝が流れている。湯船から見えるのは、この景色と空だけだ。お湯の心地よさにそっと目を閉じると、感じるのは滝の音と風。一瞬、今どこにいるのか分からなくなる感覚が、なによりのぜいたくだろう。

 露天風呂のいわゆる壺(つぼ)湯は卵を縦に二つに割ったような、有名デザイナー考案のオシャレな信楽焼。男湯に10個、女湯に4個ある。浴槽は美泡湯、炭酸泉、電気風呂など自在に楽しめる。

 1階には家族風呂が8室ある。別表の料金で大人3人まで利用でき、大人1人追加は900円。ちょっと足元が心配なお年寄りも、家族と一緒にひとときの温泉の喜びを共有できる。午後5時までの入室は予約(前日まで)も可能だ。

 食事処「旬菜 花椿」では、京都の料理旅館「高台寺 よ志のや」総料理長が監修した料理を味わえる。リラクゼーション「こりとり処」、カットサロン「髪屋」、ロビーなど和モダンな空間で統一されている。姉妹店に西大和店(奈良・上牧町)がある。

 (日本旅のペンクラブ会員 井上年央)

●温泉のプロフィル●
【所在地】大阪府大阪狭山市東野西2丁目837
【電 話】072(365)4126
【定休日】なし
【宿 泊】なし
【日帰り入浴】
 ▽2階大浴場 平日=午前10時〜午前1時。土・日・祝日=午前8時〜午前1時。※大浴場最終受け付けは各午前0時15分。入浴料は大人(中学生以上)750円、小人(4歳〜小学生)370円、3歳以下100円
 ▽家族風呂 60分=3200円と4200円の2種類。90分=4500円と6000円。延長可。※家族風呂最終受け付けは原則として午後11時50分
【交 通】南海高野線・北野田駅から近鉄バスで北野田送信所前下車。大阪方面からは車で阪和自動車道・美原北ICを出て約10分