大阪発 癒やしの温泉巡り

岐阜県・新穂高温泉 「槍見舘 湯めぐりの旅」 (中)

2017年12月16日

絶景、開放感いっぱい

槍ケ岳が一望できる一番人気の絶景露天風呂「槍見の湯」
名の通り青空や星空を見ながら入れる雰囲気抜群の混浴風呂「まんてんの湯」

 奥飛騨温泉郷「槍見舘」の一番の自慢は、個性豊かで野趣あふれる9カ所の浴場の「槍見舘 湯めぐり」を一つの宿で楽しむことができること。

 まず一つ目は、ヒノキ造りの内風呂大浴場。男女別の大きな窓で仕切られており、露天風呂さながらの浴槽から北アルプスの主峰で日本百名山の一つ槍ケ岳(標高3179メートル)を見ながら入浴できる。男性用が「ごての湯」、女性用が「かかの湯」と称され、清潔感があり明るく開放感いっぱいの素晴らしい浴場だ。

 そして内風呂大浴場手前の出口から下履きに履き替え、蒲田川の清流が流れる河原へと石の階段を下ると、左手に現れるのがこの宿一番人気の「槍見の湯」。男女混浴だが女性専用タイムもある。川近くの露天風呂からは、名の通り晴れの日には槍ケ岳の穂先の絶景を望むことができる。

 次に現れるのが「岩見の湯」。自然石に囲まれたこぢんまりとした女性専用露天風呂だ。さらに進むと左手に「まんてんの湯」。「山男の湯」が男性の入り口、「女神の湯」が女性の入り口で、中に入ると混浴。名の通り、青空や星空を見ながら入れる開放感一番の風呂で、照明は自然消点灯。残りの浴場は次週に紹介する。

 (大川哲次・温泉学会副会長、弁護士)

●温泉のプロフィル●
【所在地】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂
【電 話】0578(89)2808
【部屋数】和室15室(定員45人)、内湯付和洋室(バリアフリー)1室、露天風呂付離れ客室2室
【宿泊料金】1万7千円〜(1泊2食、いずれも2人1室、消費税・入湯税別料金)
【日帰り入浴】営業時間午前10時〜午後2時
【入浴料金】大人500円、小人300円
【定休日】不定休
【交 通】
・JR高山駅→(バス約80分)中尾高原口→(送迎車で約3分、要予約)宿
・中部縦貫道高山IC→(車で約70分)宿


サイト内検索