密着OSAKA区24

2017年区長の抱負 【港区】

田端尚伸区長
2017年1月13日

安全・安心のまちづくり

田端尚伸区長

 田端尚伸区長は「港区の一番の強みは、人と人のつながりが強いこと」と評価し、その点を生かして安全・安心のまちづくりを進めている。

 三方を海と川に囲まれた区の位置関係から「港区全体の防災計画を横糸、区内11地域の防災活動計画を縦糸にした安全ネットを基礎に、今年はさらに細かな網の目にして、より強固で実践的な防災対策を区民主体で構築したい」と、緊急かつ重要な課題と向き合う。

 古来大阪の玄関口として国内外から多くの人々を迎えた大阪港が今年で開港150年を迎える。大阪市の広域的な取り組みで、築港天保山が都市魅力創造戦略の重点エリアに位置付けられている“強み”も踏まえて「近代的な大阪の発展を支えた歴史ストーリーを区民の皆さんと共有し、将来の港区について考える機会としたい。大阪全体の観光の取り組みとの連携によって活性化し、元気を港区中に広げていきたい」と、大きな節目に願いを込める。