密着!OSAKA24区

2017年区長の抱負 【中央区】

柏木陸照区長
2017年1月27日

“大阪らしさ”でけん引

柏木陸照区長

 柏木陸照区長が色紙にしたためた言葉は『“大阪らしさ”にこだわる!』。商業と歴史文化の中心地にして、近年はマンション建設も相次ぎ、人口増加率は市内24区でナンバーワン。「住みやすい中央区、大阪市をけん引するような区になるよう取り組んでいきたい」と語る。

 中央区の人口は約9万6千人。市全体の人口は2010年からほぼ横ばいなのに対し、同区では2割増し。マンションを中心に人口の流入が続く。それに伴い、地域防災も課題の一つだ。

 非常時の避難所運営を担うのは、住民自身であり、日々の積み重ねが力となる。しかし、地域の防災訓練の参加率は低いのが現状。柏木区長は「人を集めて顔を見合わせて行う地域行事は、防災訓練そのもの」と、日ごろの行事を通じて自主防災の大切さを発信する必要性を強調する。

 区長就任5年目。「区民への奉仕を仕事の中心に、前進していきたい」と、意欲を新たにしている。