密着!OSAKA24区

2017年区長の抱負 【此花区】

前田昌則区長
2017年1月27日

「笑」頂上にまちづくり

前田昌則区長

 前田昌則区長が選んだのは「笑」の一文字だ。昨年着任し、前区長の系統を引き継いで区政運営に取り組んできたが、「初めて自分の色が出せるのが今年から」と意気込む。

 「笑」は将来ビジョンである「元気・笑顔・区民の輪」に由来。実は昨秋開催の「このはな区民まつり」で区民の代表者が話し合って決めたテーマをそのまま流用するかたちとした。「皆さんが思う此花のまちづくりがこの言葉に集約されている。入り口はどこからでもいいが、これを頂上に目指したい」と方向性を定める。

 大きな柱は四つで、防災面では津波被害を想定し2019年度までに区内一斉避難訓練の実施を計画。福祉面では「見守りタイ事業」を強化し、子どもの面では学力向上を目指す。残るは区民の長年の念願だった正蓮寺川の公園化で、一部が4月に完成。約10年後には靱公園(西区)規模となることから、前田区長は「地域コミュニティーの軸としたい」と、大きく生まれ変わるまちの姿に期待を抱く。