密着!OSAKA24区

2017年区長の抱負 【鶴見区】

河村浩一区長
2017年2月3日

安全安心なまちづくり

河村浩一区長

 安全、安心なまちづくりを進める鶴見区の河村浩一区長は「警察署や消防署と連携しながら防災の取り組みをさらに充実していきたい」と抱負を話した。

 鶴見区は、北側に鶴見緑地が広がり、南側には東西に寝屋川が流れる。道幅の狭いエリアなど地域ごとに課題は異なる。

 区は今年も自主防災力の強化を目指し、地域での防災訓練などの取り組みを後押し。地域防災リーダーが集い日ごろの訓練の成果を競う「つるみんピック」は継続する方針だ。

 昨年10月に熊本市であった全国の指定都市の区長会議に24区の代表として出席し、「災害の実情を目の当たりにし、いざというときにどうするかが大事だと痛感した」と河村区長。新年度はさらに多くの区民が参加できるよう工夫し、「区を上げての新たな取り組みも実施したい」という。

 今年4月で就任4年目に入る。「鶴見は地域活動が活発な町。今年もできるだけ参加させていただきたい」と話していた。