密着!OSAKA24区

2017年区長の抱負 【都島区】

林田 潔区長
2017年2月3日

学力向上や不登校対策

林田 潔区長

 「安心のまち、人がつながるまち、明日に誇れるまち」の実現を目指す都島区。林田潔区長は、「未来へ」を掲げ、子どもたちの学力や体力向上の取り組みを継続し、スクールソーシャルワーカーの活用などによる不登校対策などにも力を入れる。

 学力向上では、民間事業者が放課後の学校を使って行う中学生対象の課外授業の教室数を拡大するほか、小学生の体育の授業に専門のスポーツインストラクターを派遣する事業を続けていく。

 「子どもたちが環境に左右されることなく、可能性を伸ばしていけるための取り組みに力を入れる」と林田区長。不登校などの課題解決に子どもやその家庭を支援するため、公募したスクールソーシャルワーカーを学校へ巡回派遣する。

 淀川連絡線跡地の利活用については、「緑を軸にしたまちづくり」をコンセプトとする方針に沿い、区民の声を反映し、民間の提案、活力を生かして「事業スキームを年内をめどに決める」構えだ。