相羽秋夫のお笑い食べまくり

上方落語「木具屋丁稚」 

2017年11月18日

銘柄ビールと国産グルメ

珍しいビールと「手造りトマトソースのオムライス」

 木具屋が注文の重箱を作り、「半日(ひなか)で作ったが、念入りに仕事をした。2朱下さい」との口上を付けて丁稚(でっち)に届けさせる。ところが丁稚が「田舎(いなか)で作った」と間違えると相手は「田舎はどこや?」と聞く。「三河だ」と答えると相手は「三州(三河の別名)か?」と言うので丁稚「いえ、2朱です」。上方落語「木具屋丁稚」の滑稽噺(こっけいばなし)。

 グルメ党も、アルコール党も同じ“テーブル”で和気あいあいと過ごしてほしいと、テーブルのイタリア語「Tavol(ターヴォラ)a」と名付けた店が、昨年7月に茨木市でオープンした。

 そこでまずグルメファンへのご案内から。野菜も肉類も国産しか使用しない「定番メニュー」(全品780円、全て税込み)。

 溝内達子ママの一押しは、「手造りトマトソースのオムライス」だ。ボリュームがあっておいしいと、若い人から年配者まで受けがいい。さらに、「串カツ5種盛」。特に鹿児島県産茶美豚(ちゃーみーとん)のヒレカツが好評である。「こだわりミートスパゲティ」は、抜群の食感がこたえられない。

 左党の酒の肴(さかな)にも、準備に怠りがない。15種ほどの1品(380〜780円)がずらりと並ぶ。季節によって多少の変化はあるが、「ロースハムトースト」や「冷奴(ひややっこ)」、あるいは泡盛でじっくり煮込んだ「沖縄風角煮」(3品とも380円)などは、ほとんどのお客が、絶妙の味にうなる。

 ビールにもこだわりがある。キリンの珍種「ハートラスト」(650円)、アイルランドの黒ビール「ギネス」、ベルギーの「ヒューガルデンホワイト」(共に660円)が人気だ。他にワイン、カクテル、焼酎も名酒ぞろいの上に安価である。

 著名なイラストレーターの事務所勤務の経験があるママは、芸術に理解が深く、店内をギャラリーとして無料開放。スウェーデン製テーブルの向こうで、モナリザのように微笑(ほほえ)む。(演芸評論家)

Kitchen&bar 「Tavola」
茨木市大池町1の10の35 
072(636)7350 
午後6時〜同11時 日曜休、予約可