相羽秋夫のお笑い食べまくり

上方落語 「隣りの桜」

燻製&発酵
「隠れ家Bar とうこうふ」
大阪市天王寺区悲田院町3の19 壽光ビル1階
06(6779)4668 午後6時〜同11時半
土日祝休(予約あれば営業) 予約可
2017年11月25日

燻製と発酵で美容と健康

自家製装置で作った燻製メニューのセット

 隣家の桜を折った男に抗議が来たので「隣の花を捻(ね)じろうが折ろうが勝手や」と返事をした。しばらくすると、その隣家がドンチャン騒ぎを始める。興味を持った男が、塀の穴から様子をうかがうと、くぎ抜きで鼻を捻じり「隣の鼻を捻じようが折ろうが勝手や」。上方落語「隣りの桜」である。

 前を通ると盛り上がっている店がある。こわごわのぞくと、桜ならぬ桜チップでスモークした燻製(くんせい)の数々を酒の肴(さかな)に、カラオケを歌ったり、談笑したりしている。JR天王寺駅北“隣”の「隠れ家Bar とうこうふ」だ。

 自家製の装置で鶏卵、鶉(うずら)卵、枝豆、チーズ、ウインナー、沢庵(たくあん)、日替わりの秋刀魚(さんま)や柳葉魚(ししゃも)などを“燻製”する。単品で350円(全て税込み)、セット800円。もう一つの自慢フードメニューは、“発酵”食品で、麦や大豆で作った醤(ひしお)を、ドレッシング代わりにした豆腐、温野菜、茹(ゆ)で鶏が好評である。こちらも単品300円、セット800円とお手頃価格である。さらに胡瓜(きゅうり)や茄子(なす)の糠(ぬか)漬けの盛り合わせ(300円)、塩麹(こうじ)の焼きそば(700円)、チーズ盛り合わせ(500円)などの発酵にこだわった1品がそろっている。

 店の一切を切り盛りする三ツ矢明子美人店長は「燻製や発酵の食品は、健康や美容にとても有効なので、女性のお客さまが、お気軽にお越し下さるようお待ちしております」。と七重の膝(ひざ)を八重に折る。

 これらの料理の上に、2時間飲み放題3千円は、うれしい限りだ。1時間以内の方も500円のチャージ料で、焼酎、ウイスキーが600円から、ビール、カクテルが700円からと、安心して飲める。友人を連れて行っても、あなたの鼻が折れることはない。

(演芸評論家)